FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

クマドリカエルアンコウ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/90 iso100



 クマドリカエルアンコウの幼魚。このコは、現れてからずいぶん経つけれど、初めてまともなコンディションで、こちらを向いてくれている場面に遭遇できた。

 だからと言って、スゴイのが撮れるという事は無く、ごくごく普通に撮れただけなんだけど…(笑)。

 だけど、悪戦苦闘することも無く、ただ穏やかにノンビリと撮影できてしまうってのも楽でいいね。


 ちなみに、一眼レフならこう楽にはいかない。

 アングルファインダーが付いていたらそうでもないかもしれないけれど、そうじゃなきゃ海底の生物にダメージを与えずにこの場所で今回のこのアングルでファインダーを覗き込むのは至難の技だろう。コンパクト機で良かったと思うときは、こうゆう時だなあ。


クマドリカエルアンコウ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/90 iso100


カエルアンコウ科 / Antennariidae
クマドリカエルアンコウ / Antennarius maculatus (Desjardins, 1840)

 


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/09/06(月) 00:00:01Fish trackback:0 comment:2 クマドリカエルアンコウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> RYO さん
わりとカワイく撮れました。
でもまだまだ物足りないんですけどね…(笑)。

最高のアングルってのがあるんですけど、諸条件が運良く重ならないと撮れないんです。

胃…極上BBQの日までは治しますよ!

拡散板、注意点は光の漏れによる光量ムラです。画角を変えて(ズーミングして)発光テストを行なって、光のムラが無ければ大丈夫でしょう。

特に大事なのは望遠側でも広角側でも最短撮影距離で撮ってみて、画面内に著しい光量差が出ないようにすることです。
2010/09/07(火) 17:42:38 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
これかなりカワイイですね。
何度か遭遇させてもらっていますが、日に日にふくよかになってきているような。。。

というか、胃、、、大丈夫ですか?

昨日、拡散板を作ってみました。
かなーり簡易的なものです。
次回、みてやってください。
陸上でテスト撮影しましたが、うーん、
なんだか意味あるのか、ないのか、、、。
2010/09/06(月) 20:35:23 | RYO | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.