FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ミノカサゴ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.6 1/60 iso100



 魚に限らず、生き物の写真を見るときに、どこが気になるだろう?

 ひとそれぞれ違うと思うのだけれど、僕の場合は、やっぱり『目』が気になる。

『表情』が気になると言ったほうがイイのかもしれない。

 でも、『表情』で肝になるのは、やはり『目』だろう。


 ヒトから「このサイトの写真がキレイですよ」というようなことを言われて、そこを見てみたりすることもたまにはあるのだけれど、たいていの場合は、僕の趣向には合わないことが多い…(笑)。

 だから、意外と『目』=『表情』を気にしないヒトが多いのかもしれないと思ったりもする。


 あるサイトを紹介されて見てみたときもそうだった。

 どの写真もキレイだし、構図も考えられている。基本的な撮影技術もシッカリとしているし、撮影者は玄人で、どう撮ればどう写るのかも分かっている方なのだろう。

 だけど、これだけ撮れるのに、なぜ表情が気にならないんだろう?…と思ってしまった。

 中には表情が感じられるものもあるものの、きっとたまたまなのだろうと思ってしまう。なぜなら、それ以外の多くの写真の被写体となっているほとんどの生き物たちからは、生き生きした表情が感じられず、なんとなくオブジェを見ているような感じだったからである。

 きっと狙いそのものが違うのだろう。

 だから、あえて否定的なコメントはしなかったけど…。


 僕が好きな写真を撮る連中は、撮影技術や知識はその方よりも未熟かもしれないけれど「うわっ!イイ瞬間を撮ったなあ!」と羨ましくなってしまうような写真をしばしば撮ってくる。

 月並みな言葉なので書くのも気恥ずかしいけれど、やはりその辺が、被写体の生き物に対する愛情の違いなのかな…。



 …で、今回の写真はミノカサゴの若魚。

 一瞬だけ素敵なシチュエーションに…。

 表情よりも美しいシルエットを狙って画にしようと撮ってみた。

 設定を変える暇が無かったので、露出の詰めが甘い。この手の画だったら、もっと露出を切り詰めてストロボでクッキリとシルエットを浮かび上がらせるか、逆に自然光を多く取り入れて意図的にブレさせて優雅な感じにした方がオモシロかったんじゃないかな。

 でも、それよりも何よりも、やっぱり表情が分からない生き物の写真ってのは物足りないな…と感じてしまうのであった。


 

フサカサゴ科 / Scorpaenidae
ミノカサゴ / Pterois lunulata (Temminck et Schlegel,1844)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/09/04(土) 01:07:00Fish trackback:0 comment:0 ミノカサゴ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.