FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ミズタマウミウシ
ミズタマウミウシ / Thecacera pennigera(Montagu, 1815)
裸鰓目(ドーリス目)/ NUDIBRANCHIA
ドーリス亜目 / DORIDINA
フジタウミウシ科 / Polyceridae


 水温が低いと寒い時期に見られることが多いミズタマウミウシまで出てきてしまいます。冬にしか見られない生物達は、夏には何処に居るんでしょうね?深いところに移動するのも居ると思うのですが、魚などと違ってウミウシのようにスローな生物達は速やかに移動ってわけにはいかないだろうし…。岩陰にでも隠れているのでしょうか。でもまあ、そもそも、冬場の僕らの目につく時期のほうがイレギュラーということが出来るかもしれません。ミズタマウミウシにしても頻繁に見かけるのは繁殖シーズン限定ですから。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/07/23(土) 23:53:32Sea slag trackback:0 comment:0 ミズタマウミウシ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.