Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ヒメゴンベ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/1000 iso100



 何でもありの今年の井田。

 潜るたびに新発見がある!

 今日は、オープンウォーター講習の限定水域実習のため浅場オンリーのダイビング。

 あまりの視界の悪さで、ちょっと怖がる講習生…。初の海でこれはツライかな…と、とにかく水の中に慣れてもらうことだけに集中しようと、延々1時間オーバーの体験ダイビングという感じに。

 最初は「コワイ!コワイ!」と海中に30秒もとどまれず、リタイヤコース一直線という感じだったんだけど、最後の方は海の中で40分間遊びまくり、クマノミやソラスズメダイの幼魚たちの可愛さに夢中になって楽しんでくれたようで、よかったよかった。

 まあ僕はシンドかったけどね。次回からはチョットがんばってもらうとしよう…(笑)。

 …で、そんな珍道中のような時間の中でも、石の影からピョコッとミヤケテグリの幼魚が顔を出したり、オジロスズメダイやメガネスズメダイやイチモンスズメダイといった美麗系幼魚を見つけたり、見たことがないカエルウオの仲間が目に入ったり…、かなり熱くなれる被写体が次から次へと登場したのであった。

 とりあえず、今週は講習に全力投球して、週末から狙うことにしよう。


ヒメゴンベ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/90 iso100



 写真はヒメゴンベの幼魚。先週の連チャンの講習&ガイドの合間に唯一撮影した魚。

 小さいうちに撮っておきたかったので、とりあえず時間を作って撮ってきた。

 体長20mmぐらい。すぐ近くに35mmぐらいのヤツもいて、うまくいけば2匹一緒に撮れそうなんだけど、大きな方は臆病ですぐに逃げてしまう。

 ところが、この小さい方は、素早く動き回るので撮りづらいのだけれども、実にフレンドリーというか度胸満点というか…、カメラのレンズに向かって寄って来る寄って来る!

 カメラのレンズが砂面に触れているため、そこで小さく舞い上がる砂の動きが気になっていたようである。

 一番上と一番下の画像はクローズアップレンズ3枚重ね…小さなウミウシなんかを撮影するときのセッティングでの撮影で、通常ならこの手のよく動く魚を撮れるようなセッティングではないのに撮れちゃった…(笑)。

 なんとも可愛らしいヤツだった。

 その後、岩の奥に引っ込んで一暴れしたかと思うと、またレンズの前に戻ってきたと思ったら、今度はコシオリエビを口に銜えていた。上手く撮れなかったけれど、サービス精神も旺盛なヤツなのであった。



ヒメゴンベ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f7.1 1/90 iso100 (トリミングあり)


ゴンベ科 / Cirrhitidae
ヒメゴンベ / Cirrhitichthys oxycephalus (Bleeker, 1855)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/08/02(月) 22:46:56Fish trackback:0 comment:0 ヒメゴンベ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。