FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

コクテンベンケイハゼ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100



 水深18mで水温28度オーバーなんてこともある!

 これまでの伊豆でのダイビング経験の中には、海の中がやけに暖かいなあ…と感じたことは何度かあったけれども、今季ほどの暖かさはチョット過去に例が無い。暑い…暑すぎると言った方が良いかもしれない…(笑)。

 この界隈で一番の寒がりを自認する僕が、5mmシーガルで1日4DIVEをこなしてしまうこともあるぐらいである。

 そのせいか、今年は南方系の魚たちがものすごく多くて、なおかつ成長もものすごく早くて、チョット進めば何かが目に入るというものすごいことになってきている!

 …なので、本当なら、その辺の魚たちを紹介しなくてはならないところなのだけれど、今週7日間だけで21本潜っているというのに、カメラを持って海に入ったのは3本だけ…。しかもほとんどシャッターを切れていない…(苦笑)。

 撮影して海の中を伝えるのも大事な仕事なのに、こんなことで良いのだろうか…と、かなり悩ましいところなのだけれど、今の季節、やっぱりインストラクションや初心者のガイドも頑張ってやらなきゃならないからね。

 これから3ヶ月ぐらいは、あまり撮れないだろうなあ…。


 …なので、数少ない撮影カットの中から、細々と紹介していこうと思う。


 写真はコクテンベンケイハゼ。

 他にベンケイハゼとミサキスジハゼという似た感じのヤツも見られるんだけれど、最近見かけるヤツはやけにでかいのが多い。しかも皆あまり逃げない。この暖かさが何か影響を与えているのだろうか…(笑)。

 このときは、クリアクリーナーシュリンプを見つけて、「おっ!今季初!」などと思いながら、撮影しようと思ったら、すぐ横に、あまりにも無防備にこの個体がドド~ンと居たので、肝心のエビを撮るのも忘れてこっちに見入ってしまった…という感じ。

 鰭全開まであと一歩…いや…あと三歩ぐらいだけれど、まあまずまずの図鑑写真ってことで。

  

ハゼ科 / Gobiidae
コクテンベンケイハゼ / Priolepis sp.




Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/07/25(日) 22:31:29Fish trackback:0 comment:0 コクテンベンケイハゼ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.