Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ノコギリヨウジ / 井田

OLYMPUS SP-320 f8.0 1/60 iso64



 一見、井田や大瀬の海をパブリックに紹介するかのように装いつつ、殆どが私信及び独り言の垂れ流し状態になっているこのBLOG。

 そのわりに、ここしばらくチョット守りに入ってしまっていて、毒を吐くことも無く…。

「遠慮しないでガンガンいってくれ!」との激励とも単に面白がっての煽りとも取れるようなお言葉を頂くことも多々…。

 しかしダイビングガイドという客商売を生業とする身としては、あまり癖のあるところを見せてしまってはマズイこともあるであろう…(笑)。

 最前線から一歩身を引いた暁には、書きたい放題に書けばよいとして、今は、出来るだけ穏やかに…なおかつ明るく楽しいムードを演出すべきなのでは…というのが最も平和な展開かという意見もまた多々…。

 いやホントに、世のガイドさんたちのその辺のバランス感覚には舌を巻く思いである今日この頃…。



 そんなことを思いつつ、今日もまた、世にセンセーショナルな程にマニアックということもなく、…かと言って、万人受けする華やかさがあるでもないという、当事者以外には「あ…そうなの…」的な地味なネタで語るのであった。



 ノコギリヨウジの幼魚は地味なモスグリーン~茶褐色で地味な横縞が入っている。そして、尾鰭中央部が糸状に長く伸びる…。

 飼育してとかではなく…尚且つあえて資料を当たることもせず、自然の状態で観察してそのことが分かった。(タイミング的に結果を確認できそうだと思ったからそうしただけだけど…)

 それだけのことなんだけれど、個人的には、今年のトピックの中ではとても大事な収穫。このことを知るきっかけを作ってくれた井田DCのあや嬢のことはずっと記憶に残るであろうと思う。

 話を聞いて知っているとか、本で読んで知っているとか…、あるいは教えてもらって知っているとか…、

 そうではなく、実際に自分の目で見て推理し推測し観察して新事実を掴むこと。それがオモシロく大切なことだと思うし、そんなことの積み重ねが財産になるものだと思ってこれまでもやってきた。 (ウミウシやエビカニの事はすぐに人に頼るけど…(笑))

 きっとこれからもそうだろうし、そうである限り、海は無限の興味とオモシロさを与えてくれるだろう。



 2匹居たうちの1匹がノコギリヨウジらしい色になった。

 クローズアップ撮影しているので分かりづらいけれど、大きい方でも体長20mm弱の糸ミミズサイズのチビッ子。

 仲良さそうに泳いでいたけれど、これがそのままペアになったりはしないんだろうな…(笑)。

 幼馴染のノコギリヨウジ…。

 とりあえず、観察続けられる限りは見ておきたいと思う。 



ノコギリヨウジ / 井田

OLYMPUS SP-320 f8.0 1/60 iso64


ヨウジウオ科 / Syngnathidae
ノコギリヨウジ / Doryrhamphus (Doryrhamphus) japonicus Araga et Yoshino, 1975



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/07/18(日) 23:32:21Fish trackback:0 comment:0 ノコギリヨウジ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。