FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ナベカ / 井田

OLYMPUS SP-350 f6.3 1/250 iso50



 ナベカの繁殖行動はこれまでに何度も見ているし、一応撮影もしているのだけれど、それらしい面白みがある画は未だ撮れていない。

 やはり、繁殖行動の画であれば、明確な行為そのものを撮るのがベストだろう。でも、ナベカなどイソギンポの仲間は巣穴の中で行為を行なうためそれは難しい。

 …で、せめて…という感じで望むのは、やはり雄雌がペアでいて、通常では見られないような親密感を感じられるものである。

 僕の写真は極端に学術的な方向に振ったものではなく、どちらかというとスナップ写真なので、それでいいのだ…(笑)。もちろん、決定的瞬間が狙える場に居合わせたら撮るけどね。

 …で、ナベカなんだけど、まだベターと思えるシチュエーションには出遭えていない。巣穴に2匹で一緒に入っているのが分かる状況という程度で全然OKなんだけど。ナベカは他の井田で見られるイソギンポの仲間より狭い巣穴でも平気なようで、産卵している雌は巣穴に入るとなかなか顔を出してくれない…。今にチャンスは来るだろうけど…。

 ちなみに、今回UPした画像はスナップポートレートとしてもイマイチ気に入っていない。

 シンドイ状況下で撮影したものなんで、ボツにしてしまうのは辛くてUPしたのだけれど、この魚の魅力である美しい下半身が隠れてしまっている。

 やっぱり他のイソギンポの仲間とはチョット趣を異にするエレガントな佇まいを狙わないとだね。



イソギンポ科 / Blenniidae
ナべカ / Omobranchus elegans (Steindachner, 1876)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/07/09(金) 10:34:20Fish trackback:0 comment:2 ナベカ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> ナベカって素敵っすよね☆さん
いやいや…
やはりナベカは下半身が命。
上半身ショットなんて…いまいち気に入らないです…(笑)。

しかしこの時期シングルは寂しいですね。
満某桟橋あたりでもダメですかね。
以前はよく見たんだけどなあ…。
2010/07/14(水) 21:49:53 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
またまたぁ…

素敵な一枚の絵に仕上がってますね(>_<)『いまいち気に入ってない』なんて…言ってみたい…m(__)m
こちらで見れるギンポ系ではピカイチに模様が素敵でもう今シーズン200枚くらい彼女に費やしています。如何せんお相手が未だに見つからず(他にいない!?)シングルでの撮影ですが実に模様&色彩が虜になってしまう
病みつきな被写体の一つです!
2010/07/14(水) 18:24:18 | ナベカって素敵っすよね☆ | #1.E5DkAA[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.