Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

マルタマオウギガニ / 井田

OLYMPUS SP-350 f6.3 1/60 iso50




 昼飯を食べながら午前中の海の話をしていたら、MAABOWの高橋さんがこの個体の存在を教えてくれた。


 マルタマオウギガニ…。

 もしも見たいという要望があったときのために、一応自分でも居場所を押さえているヤツが2個体ほどいるのだけれど、ハッキリ言って、ぜんぜんオススメじゃない…(笑)。

 見ても「ああ…ここに居るんだな…」ということが分かる程度の見え方。

 トサカの幹に穴をあけて、その中に潜り込んでしまって動かないので、全体像の一部だけがチラッと見えるだけなのである。運が良ければこっちを向いていてくれるかもしれないけど…。

 通常のケースであれば、よっぽど好きなヒトじゃないと、見る(居ることを確認する)ことに価値を見出せないであろう…という感じ…。

 まあ、僕が大好きなカイカムリも、ほとんどの場合、そうゆう感じなんだけどね…(苦笑)。


 ところが、高橋さんが言うには、その個体はトゲトサカの上をグルグルと歩き回ってしまって撮影できないという…。高橋さんが案内していたお客さんも同じように言っていた。

 それはオモシロイかも…と、午後の2本目は、その個体を見に行くことに…。

 …で、探すまでもなく簡単に見つけることが出来た。話に聞いたとおり、マルタマオウギガニがトゲトサカの枝の上にチョコンとのっかっていた。しかもピンクっぽくてすごく可愛らしい!何かを挟み足でつまんでモグモグと食べている仕草も可愛らしい!

 そして、逃げ回ると聞いていたのだけれど、ぜんぜん逃げない…(笑)。

 マルタマオウギガニをこんなふうに撮影できたのは初めてである。

 でも、こんな事はこのときだけで、その後、何回か見に行っているものの、普通にトサカの幹の中に潜り込んでしまっているのか…居なくなってしまったのか…、その後はまったく姿を確認できていない…(苦笑)。


 機を見るに敏…

 僕に最も欠けている部分の一つなのだが、結果を出すにはこれが大事なんだな…とチョット実感してしまった…。


 ちなみに多くの場合はこんな感じ(下画像↓)。
 …というか、これでもこっちを向いているだけ上等な方かな。


マルタマオウギガニ / 井田

OLYMPUS SP-350 f7.1 1/60 iso50



オウギガニ科 / Xanthidae
マルタマオウギガニ属 / Calvactaea
マルタマオウギガニ / Calvactaea tumida




Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/06/16(水) 22:08:31Crab / Shrimp trackback:0 comment:2 マルタマオウギガニ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> クロブチ☆ さん
まったく、不思議でした。

しかも真っ昼間。

もしかしてガセ…?と疑ったぐらい。
だけどまー坊だし、ガセってことはないだろうと見に行ったら、シッカリ出てました。

トサカを荒らす悪いヤツってイメージがあるんだけど、かわいいっす。
2010/06/24(木) 22:18:14 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
そんなにはっきり姿を現す個体は幼体だけと
思っていましたが…

なんとも言えないほんのりピンクとほんのり毛が素敵っす♪
2010/06/24(木) 08:38:10 | クロブチ☆ | #1.E5DkAA[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。