Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

エナガイザリウオ
エナガイザリウオ
イザリウオ科 / Antennariidae
エナガイザリウオ / Antennarius rosaceus


 昨夜、大瀬崎に泊り込んでいるOKAから電話があった。ドライスーツのファスナーが壊れたらしい。丁寧に使っていればまだ壊れる時期じゃあないのに…。高い修理代の出費、ご愁傷様です。ドライスーツは大事に使いましょう(笑)。でも、その電話の中で気になった点がひとつ。湾内で白っぽいベニイザリウオを見たらしいということ。場所的に自分がチョット前にエナガイザリウオらしき個体を見つけた場所に近い…。「ほんとにベニか?」と訊いたら「もしかしたら違うかも…」と言う。OKAの魚を見る眼の信頼性は高い方だと思っているので、これは要チェックということになり、今日早速確認に行ってきました。…で、予想通り、そこに居たのが写真の個体。エナガイザリウオだと思います。毎年1~2個体は見ているんですが、昨年の夏以来ちょうど1年ぶりですから、遭遇率は結構低めです。ベニイザリウオとの決定的な違いというと結構難しいのですが、まず、鰭を含む全身に現れる模様がポイント。あと、自分が見た個体は背鰭基部の斑紋がベニイザリウオほどハッキリとしていないケースが多いような気がしていますが有るには有るので、この辺は微妙。そして、エナガ…の由来通り、背鰭第一棘(エスカ)が著しく長いことだそうです。まあ、まだ見ぬカスリイザリウオなんてのも居るので、一発逆転もありえますし、要研究だとは思うのですが…。
 ちなみに、以前、瀬能先生にエナガイザリウオではないかと思われるというコメントを頂いたのが下の写真(2003年3月撮影)です。

エナガイザリウオ
イザリウオ科 / Antennariidae
エナガイザリウオ / Antennarius rosaceus

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/07/17(日) 19:19:00Fish trackback:0 comment:0 エナガイザリウオ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。