FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

イダテンカジカ / 井田

OLYMPUS SP-320 f8.0 1/15 iso64




 一度は失敗…二度目も失敗…三度目でこの程度…。

 なんとかここの雰囲気は伝わるだろうか…。


 満潮いっぱいのときとか、凪の時じゃダメ。

 撮りやすいときに撮っていたら、この感じは描けない。

 スピード感がある波 = 力強い波が入っているときじゃないとオモシロくない。

 油断するとカメラを構えた姿勢のまま2mぐらい吹っ飛ばされるようなときがイイ。


 ネイチャーフォトを撮影する上で、ピントばっちりは基本中の基本だし、自分的には絶対だと思っている。

 でも、このシーン、何度見てもカチッと撮れているのより、このピントが甘いヤツのほうが良く見える。

 なので、今回はこっちをチョイスした。


 このときの自分が被写体をクッキリと見れてるわけないんだよね…。

 こんな吹っ飛ばされるような波に翻弄されながら…(苦笑)。

 だから、このどうにもカッチリと決まらない感じが、このときの記録として自分の中でしっくりくるのかな。

 不本意といえば不本意…、

 まだ完成にはほど遠いのだけれど、これもまたチョット大事な、この日の僕の撮影の記録なのであった。

 

カジカ科 / Cottidae
イダテンカジカ / Ocynectes maschalis (Jordan et Starks, 1904)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/06/09(水) 00:59:20Fish trackback:0 comment:4 イダテンカジカ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> hyaku さん
喜んでいただけてウレシイです。

成果を楽しみにしていますヨ!

ただし、かの聖地では、凪のときだけにしてくださいね。あそこの荒波に転がされたら無事では済まないでしょうから…(笑)。
2010/06/09(水) 22:40:54 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
> いたる さん
同じ波は二度と来ないので波の作り出す模様も毎回違う…というのがオモシロさですね。

たまたまイイ感じの波が撮れた時があったんですが、そのときは魚はブレブレで、なんとか両方を上手く撮ろうとチャレンジしました。

波打ち際は最高です!

PC楽しみですね。
2010/06/09(水) 22:33:38 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
イダテンカジカの画像がアップされ喜んでます。

私も自分のフィールドで安全停止後、腹ばいで波に翻弄されながらイダテンカジカの撮影を楽しんでます。

近いうちに報告に伺えたらと思ってます。
2010/06/09(水) 21:08:14 | hyaku | #LkZag.iM[ 編集]
うわ~気合の入ったカットですね!!
イダテンカジカやイソギンポなどには散々遊んでもらいましたが積み重ねが違いますね!
こんな素敵なカットは撮れないです。
屋久島でも水面下で遊んでいますが、タイドプールなのでもちろん波はない。
それも最高に楽しいのですが、やっぱ身体を酷使しながらのこの撮影を思い出すと羨ましいです。

PC頼みました、、、。色々とありがとうございました。非常に楽しみです!
2010/06/09(水) 14:30:23 | いたる | #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.