Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

カイカムリ科の一種

FUJIFILM FinePix F30 f7.1 1/60 iso100




 大きな変化に乏しいなあ…と思われたここ数週間の海の中だったが、ここにきて加速度的に夏の海になりつつあることを強く感じる今日この頃。

 もうそろそろウェットスーツを倉庫から出そうかな…と考えたりしている。

 そんな感じなので、新しいネタも出てきそうだし、あまりカイカムリばかり追いかけているわけにはいかないのだけれど、ついつい怪しい場所があると探してしまう…(笑)。

 そして、今日は2坪ぐらいの範囲に7個体もいる場所を発見! 新しい遊び場が出来たのであった。

 大瀬のカイカムリの師匠風に言うと、7個体中5個体は非協力的で撮影できなかったのだけれど、2個体は協力的だったので気分良く撮影できた。

 今日はそのうちの1個体をUPすることにしよう。


 子供のころ、近所のどぶ川やハス畑でアメリカザリガニを捕まえたものだけれど、捕まえたヤツの中にやけに真っ赤な個体がいることがあって、それを「真っ赤ちん」と呼んでヨロコンだものである。

 …で、このカイカムリを見たときも、そのときと同じような感じだった。


 この被り物を被っている個体は赤いヤツが多い(赤いのしか見たことが無い)のだが、その中でもこの個体の赤は鮮やかだった。赤と言うよりは橙色と言った方がイイのかな。ライトの明かりを当てた瞬間に「オオッ!」と思うぐらいの鮮やかさである。

 最近、このタイプはかなりの個体数を見ているので自分の中での発見興奮度はやや低め…。でも、この鮮やかな赤さには熱くなることができたのであった…(笑)。



カイカムリ科 / DROMIIDAE
カイカムリ科の一種 / DROMIIDAE sp.



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/05/31(月) 15:15:15Crab / Shrimp trackback:0 comment:2 カイカムリ科の一種
コメント
この記事へのコメント
> クロブチメガネ さん
この露出度…生唾モノでしょ…(笑)。

って、冗談はさておき…

この被り物を被っている個体は露出度が高いことが多いです。

よくカイカムリが被ってるジュズエダとかは、カイカムリが被ってからも育ちますけど、この被り物は成長速度が遅いんじゃないかと思います。カイカムリの成長速度の方が速くてビキニ状態になっちゃうんじゃないかな。

確認できているのは2種類だけですけど、数は居ますよ~。
2010/06/01(火) 22:39:33 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
いやいやいやいやいやいやいや…

協力的過ぎでしょ(>_<)

逆にそんない数いるんすか!?!?
2010/06/01(火) 22:03:39 | クロブチメガネ | #1.E5DkAA[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。