fc2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

イダテンカジカ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f7.1 1/180 iso100




 水面下ギリギリのところに棲息するイダテンカジカ。

 ピョンピョン逃げ回る幼魚と違って成魚は堂々としていて撮りやすい。

 浅瀬マニアの僕にとっては、すでにさんざん撮り尽くした被写体なのだけれど、二度と同じことが無いであろう水面下の模様が面白くて、状況とタイミングさえ合えば、何枚かシャッターを切らせてもらっている。

 ちなみに、前にも書いたけれど、この手の写真は海が静かなときに撮っても面白くもなんともなくて、少々波やウネリが入っているときに悪戦苦闘しながら撮るのが通である…(笑)。


 …で、ふと思ったんだけど、こんな浅瀬で観察機会が多いのに、イダテンカジカの繁殖行動って見たこと無かったなあ。

 高水温を苦手にしているようで、夏から秋にかけては見る機会がやや少なくなるのだけれど、幼魚出現のタイミングを考えると、冬になって水温がグッと落ちる頃が繁殖期なのかな???今年は意識して見てみようと思う(忘れてなければ…)。 


イダテンカジカ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f7.1 1/180 iso100



カジカ科 / Cottidae
イダテンカジカ / Ocynectes maschalis Jordan et Starks, 1904



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/05/25(火) 00:30:07Fish trackback:0 comment:0 イダテンカジカ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.