Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

タツノイトコ / 井田

OLYMPUS SP-320 f5.0 1/100 iso64




 今の時季、砂地を泳いでいるとタツノイトコの姿を数多く見ることが出来る。

 ユニークな容姿と和名から、初めて見るダイバーからは関心を持たれるものの、個体数が多いせいか、やがて飽きられるという魚である…。

 ガイド仲間同士でもタツノイトコのことで話が弾むということはあまり無い…。記憶では、僕のタツノイトコの話にも本当に食いつきが良かったのは、沖縄に行ったてつ氏ぐらいかな。焼肉を食べながら自分で撮りたいタツノイトコのイメージを熱く語って、実際にそれを撮ってきていたなあ。このヒトは凄いと思ったものである。

 でもたいていの場合「タツノイトコが居た」と言っても空気中に溶けるかのごとく話は続かない…(笑)。まあ普通によく見られる魚だからね…。

 例えば、同じヨウジウオ科の仲間でよく見られるハナタツなどは、何度も何度も見られていても関心の持たれ方が衰えないということを考えると、やはりタツノイトコというのは地味な魚なんだろう…ということになる。

 僕の場合、煽って人気を盛り上げるような生き物の紹介の仕方が好きじゃないので、何を見せるにしても、わりと淡々と紹介してしまうのだけれど、それでも、巷で話題になりやすい生き物だとゲストの方のレスポンスが違うのを強く感じる。

 そうゆう風潮ってどうなんだろうなあ?…と、少々の疑問とジレンマを抱えつつ、ニーズに応えるべく意外と普通の伊豆ガイド風のガイドをする日々が多いのであった…(笑)。


 プライベートではどうかというと、ちょっとしたきっかけで何にでも関心を示してしまうというのが癖である。まったくもって海の中というのは、僕にとっては宝箱のようなところである。

 …で、この地味でイマイチ脚光を浴びきれないタツノイトコも、またまた最近の興味のタネになっていたりする。

 そもそもは、こんな感じのヤツが撮りたいというタイプのイメージがあって、見かけるたびに容姿チェックをしていたのだけれど、最近は狙っているタイプじゃなくても「けっこうオモシロイなあ」と思い始めてしまっているのだ。

 今日紹介する個体は、全身が細かい毛に覆われていて、妙にムクムク感があるタイプ。

 最初に見たときは、「よく居る黄土色のヤツだな…目立った皮弁も無いし、イマイチ面白くないな…」ぐらいにしか思わなかったんだけど、とりあえず撮っておくか…と撮影してみたら、妙にピントが合わない…。おかしいな…と思ってモニター画像を拡大してみたら、ピントが合わないんじゃなくて、密生した毛のせいで輪郭がぼやけて見えていることが分かった…という次第。

 これは面白い!ということになり、このコの魅力をどうやって引き出そう…と考えて撮ってみたのが上画像。

 けっこうカワイイと思うのだけれど…どうかな?

 自分的には思いっきりツボにきてるんだけどなあ。

 
 いつもながら興味深いのは、ペアになると雄も雌も同じような色になり、同じような皮弁が出てくること。しかもすごく短い時間で同じになってしまう。タツノイトコだけじゃなくカミソリウオやニシキフウライウオでもそういった変化が見られる。最初に見たときは全然違う容姿だったのに、数日後に見に行ったら、全く同じファッションに身を包んでいたなんてケースを何度も確認している。

 体色ぐらいなら、なんとなくそうゆうこともあるだろう…と思うんだけど、皮弁がニョキニョキ生えてくるというプロセスっていったいどんな感じなんだろう?…と、とても興味深い。

 このペアも最初は相方の方はツルッとしていたのに、今では2匹揃って毛むくじゃらになっている。

 おもしろいなあ。


 ガイドネタとしては人気出ないだろうな…と思いつつも、この毛がさらに伸びて全身アフロみたいになったら、もっと面白いんだけどな…などと妄想を描きながら、日々その様子をチェックしている僕なのであった。
 


タツノイトコ / 井田

OLYMPUS SP-320 f5.6 1/60 iso64


ヨウジウオ科 / Syngnathidae
タツノイトコ / Acentronura gracilissima (Temminck et Schlegel, 1847)




Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/05/24(月) 01:30:40Fish trackback:0 comment:4 タツノイトコ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> いたる さん
おおっ!
おひさしぶりの書き込み、うれしいな。

今回の文章、前半部分の『タツノイトコ』を『○○ヤドカリ』に変えたって同じだと思われてしまってるかな…などと思いながら書いてました…(笑)。

そちらだと、こちらで見られる生き物も、また違った佇まいだったりすることもあるでしょうね。

ホットな写真、たのしみにしてますよ!
2010/05/25(火) 08:08:26 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
いや~深いですねぇ。相変わらず。
タツノイトコは口の短さと目のクリクリ感が好きです!でも僕には写真が撮れない、、、。
それにしても数日で体色が同じならわかるけどフサフサ感まで似てくるんだ!
海はほんと面白いですね。

2010/05/25(火) 06:57:57 | いたる | #aIcUnOeo[ 編集]
> あき さん
かわいかったんです。

最近UPした中では、個人的に思い入れがある画なので、コメントもらえてうれしいです。
2010/05/24(月) 22:39:28 | matsukawa | #k91S7tuY[ 編集]
かわいい(‐^▽^‐)♪
タツノイトコってかわいかったんですね!
ビックリですw(*'▽'*)w
2010/05/24(月) 14:02:21 | あき | #oely/y8c[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。