Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

カイカムリ科の一種 / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100




 明日から週末、どんな感じでガイドしよう…とイメージを描きつつ、エリアを見て回ってきた。

 しかし、透明度が悪い…。

 いきなりガクッと落ちた感じだ。

 だけども個人的にはキライなタイプの濁り方ではない。ある程度の深度まで行けば十分にクリアだし、大きな浮遊物が無いので、生き物たちの観察もしやすいし撮影にも全く問題無い。濁っている浅場でも、きちんと周囲を見ることが出来るレベルのダイバーならはぐれることも無いだろう。

 この感じなら、ちょっとしたきっかけで、あっという間にキレイになることが多いパターンではないかと思う。


 さて、今日はウィークデイ。思いっきり暇である。

 あまりにも暇なので、隣の井田ダイビングセンタースタッフの仕事を邪魔しにに話し相手になってもらおうと思って顔を出してみる。井田はとても小さな村で、大瀬のようにダイビングサービスがずらりと並んでいるわけではないので、チョット暇だな…と思っても、話し相手が見つからないのである…(苦笑)。

 タケシ氏やあや嬢やユウスケ氏やタクマ氏に最近の海の話を聞いたり世間話をしたり…、沖縄の社長に叱られない程度に付き合ってもらうのが日課になっている。


 そんな感じで話をしているときに、ユウスケ氏がニコニコしながらチェックダイブから戻ってきた。2日ぶりにカイカムリを撮影出来たらしく、ご機嫌だった。

 それまで、「やっぱり砂地チェックも大事だよな」…などと話をしていたのに、そんなふうにニコニコされると、カイカムリ愛好会会員としては、「やはり対抗しなければなるまい」…ということにならざるを得ないのであった…(笑)。



 では、イイのを見つけて、ちょっと年の功というヤツを見せてやろう…と気合いを入れてエントリー。


 さっそくユウスケ氏が見つけたのと同じタイプをゲット。

 お‥今日は調子イイぞ…とヨロコンだのも束の間、どうにもシャイな個体で全く撮影できない…。

 時刻は15:30。


 なあに…時間はまだタップリあるさ…と、ガイドネタの確認をしながら新たな個体を探す…。


 16:00…まだ見つからない。

 さすがに少し焦り始める…。

 
 …で、そんなとき、

 僕の目の前に「ジャ~~ン!」と鳴り物入りで現れたのが、この中世貴族風の被り物を被ったルネッサンスカムリ。

 コイツは長らく憧れ探し求めていたタイプである。

 周りに誰もいないことを確認して、久々にエイドリアンポーズをやってしまった。


 まあ、ちょっと寝癖がついているような感じだけど、それもまた御愛嬌。


 水深が水深だけにあまり時間が無かったのだけど、わりと素直にこっちを向いていてくれるカワイイやつであった。



 …その後、海から上がって、すぐにユウスケ氏に報告しに行ったのだが、すでに閉店…誰も居なかった。
 
 17時ちょうどまで潜っていたし、仕方が無いか…(苦笑)。

 ウィークデイの井田の夕方はチョットさみしい。



 …で、仕方が無いので、帰りに大瀬に寄って、この道の大先輩に見てもらおうかとも思ったのだけれど、もっとスゴイのを見せられて返り討ちに遭う危険性が高いのでやめて、家路を急いだのであった。



カイカムリ科 / DROMIIDAE
カイカムリ科の一種 / DROMIIDAE sp.



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/05/14(金) 21:35:57Crab / Shrimp trackback:0 comment:4 カイカムリ科の一種 / 井田
コメント
この記事へのコメント
> クロブチメガネ さん
このコ、いいでしょう!
あまりの魅力に、あっさりとイカされてしまいました。

だけど、カイカムリ合戦は、みんなに本気を出されると辛いなあ…。

集中力無いんだよなあ…俺って…(苦笑)。

井田では未だにアフロが見つからないし…。
2010/05/20(木) 00:18:02 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
伊豆のカイカムリ合戦…
是非やりたいですね☆

まっまさかの!?モーチァルト♪
その紅白がたまりません(>_<)

私はイカされる側でもいいかも…(笑)
2010/05/19(水) 19:51:26 | クロブチメガネ | #1.E5DkAA[ 編集]
> てつ!さん
では、お言葉に甘えて、お仕事の邪魔に…
じゃなくて、情報交換に伺わせていただきます…(笑)。

ちなみに、今日得た大事な情報は「ヒゲ」の重要性ですね。あと「日焼け」と…。


沖縄のカムリ、楽しみにしてます。
そちらのは、王冠みたいなソフトコーラルを被ったりしてるのもいて、スゴイんですよねえ。
でも、伊豆風味で対抗しますんで!


2010/05/14(金) 23:48:04 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
いやいや!!
バシバシ情報交換してやってくださいませ。

海対する熱い気持ちが基本だと思います。 先ずは「自分たちが楽しむ!」が、基本だと思ってます。

伊豆のカイカムリ合戦に参加したいなーーーっ!笑

沖縄で熱いカイカムリを探してみますね!
2010/05/14(金) 22:41:07 | てつ! | #yx9fSxcY[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。