FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

カイカムリ科の一種 / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100




 井田カイカムリ愛好会会員ユウスケ氏(井田DC)のサイトを見て驚いた。

 そこには、ずっと探し続けていたタイプの素敵なカイカムリの画像が!!


 またしてもユウスケ君にやられた……。


 このところかなりの個体数を見つけてきたのだが、あのタイプはまだ未見である。

 そのベレー帽を被って澄ましているかのようなデラックスな佇まい…イメージしていた通りだった。


 絶対に居るだろう…と思い、密かに探していたのだけれど…。


 でも見つけられてしまったなら仕方が無い…見に行くまでである。

 訊いたところによると3個体も確認できたらしい。


 で、見に行ったんだけど……


 見つかりません…(苦笑)。



 普段探している水深よりも深めなので、あっという間に制限時間が減ってゆく…。


 かなり集中して探しているので、キレイなウミウシとか、かわいい幼魚とか、小さくて探すのに手古摺るような生き物たちが次々と見つかるのだけれど、このときは全部スルー! 

 狙いは赤いカイカムリのみ!


 しかし、やっぱり、まったく見つからない…。

 久しぶりに何も撮らずにエキジットか…という敗北ムードが漂い始める…。



 そんなとき、目の前に居たのが、このヘンテコな被り物を被ったカイカムリだった。


 狙っていたお洒落でデラックスな赤いカイカムリとは全然違うムード。

 コイツ…絶対にふざけている…(苦笑)。


 脱力感に包まれる俺…。


 最終エキジットまでの時間と減圧時間…そしてエアの残圧を計算すると、残された時間はかなりきわどい。


 もう一度見てみる。

 なんとなくコイツもこちらを見ているかのよう…。


 ふざけていると言うよりは、狙った獲物を探し出せなかった俺を可哀相だと思って慰めてくれているようにも見えてきた。



 イイヤツに違いない…変なの被ってるけど…。



 そして、予定をちょっとオーバーして、このおかしな被り物を被ったカイカムリと向き合ったのであった。


井田カイカムリ愛好会会員 matsukawa




カイカムリ科の一種 / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100



カイカムリ科 / DROMIIDAE
カイカムリ科の一種 / DROMIIDAE sp.



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/05/09(日) 00:00:00Crab / Shrimp trackback:0 comment:6 カイカムリ科の一種 / 井田
コメント
この記事へのコメント
> 大瀬カスタムカムリ自画自賛愛好家自称会長 さん
活動に期待しております!
早く新アフロが見たいなあ。

井田では、未だアフロは未見です。
アフロ化するための被り物は多く見られるんですけど…。

大瀬との雰囲気の違い…
カムリ的環境の絶対的最大深度が大瀬よりも浅いですから、その辺の影響なのかな…。

大瀬でも外海のゴロタ斜面直下(一段目)で水深20m+αあたりまでなら、井田と同じような感じではないかと思います。

マンボウ狙う辺りとか柵下のドロップ付近みたいな大瀬の旧海岸線的環境は井田には無いんですよねえ。
2010/05/11(火) 13:04:04 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
いつそんな愛好家結成したんすか(>_<)

じゃぁ…私も

『大瀬カスタムカムリ自画自賛愛好家自称会長』

として活動しなければなりませんね(>_<)

にしてもこっちとなんか雰囲気が違いますね…
2010/05/11(火) 10:03:36 | クロブチメガネ | #1.E5DkAA[ 編集]
> kazu さん
「豆知識」ムービーおすすめです。
2010/05/10(月) 08:13:33 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
豆しばを見ている貴兄は
想像出来ないです(笑)
2010/05/10(月) 01:34:24 | kazu | #/2xhchfw[ 編集]
> yuki さん
甲殻類十脚目短尾下目…
カニですね。

例によって、分類云々とは全く関わらず、オモシロかったり、可愛いかったり…という、ただそれだけに注目してハマッてます…(笑)。

最近「豆しば」っていうのが好きなんですけど、カイカムリには相通じる気配を感じてます。

豆しば → http://dogatch.jp/anime_kids/mameshiba/
「豆知識」ムービーがおすすめ

ヘンテコな被り物は可愛かったですヨ。今日、探していたタイプも見つけることが出来たんですけど、今となっては、こっちに愛着があります。

ストーリーは、もはやドラエモンか戦隊モノ並にパターン化してますけど、まあご勘弁を…。
2010/05/09(日) 23:43:53 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
じわじゎと…
惹かれてきました
まだ1度もお目にかかっていませんが。以前upされていた白い被り物のコも気になってMatukawaさんが新たな世界に足を踏み入れたあたりからのblog見直しちゃいました(*^^*)
被り物もですが中身もカラーバリエーションあるんですね。気になってチョコっと調べてみたらオオカイカムリ科なるものもあり、彼等はあまり被ってないとかドウトカ…
…で…カニなんですよね?このコ達は。

1枚目は特に「ふざけてる」感がたっぷり(^^)何だか愛らしいです。写真だけじゃなくストーリーも相変わらずイイですね。素敵です。
2010/05/09(日) 20:34:24 | yuki | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.