Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ニシキウミウシ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.6 1/60 iso100




 「海況も最高!」とは言えないまでも、天気が良くて気持ちいい日が続いている。

 わりと仕事をさせてもらえているGW…こじんまりとだけどな…(笑)。


 …で、テーマを持って撮影とか、趣味の世界にのめり込む…という感じではなく、基本的にはガイドのためのネタ探しの合間にチョット撮るという感じ。いっぺんにいろんな事が出来る方ではないもので…。


 そんなとき、「お!」と思えたのがこの時。

 井田にはサボテングサが群生しているところが何ヶ所かあって、「ここにイイ被写体が居てくれたらなあ」と、いつも思っていたのだけれど、ニシキウミウシがまさにそこに居てくれた。ポジション的には、もっとサボテングサの密集度が高いところに居てくれたら…という感じでパーフェクトではなかったけれど、それでもこれは嬉しいシチュエーション。通っていればイイことがあるというものである。

 
 だけど、このところ気にして見ていたニシキウミウシだけに気になることもある。

 この井田で最もポピュラーなタイプのニシキウミウシと前回UPしたニシキウミウシが同種というのが不思議だなぁ…と。もっと違いが分からないほどに微妙な差異で別種と分かる種もいれば、こんなに違うのに同種だという種もいるという…。

 まあ、ウミウサギの仲間なんかは、もっと模様のヴァリエーションが豊富だったりするから、それを理由に思い悩むほどではないけれど、おもしろいなあ…って感じで…。何かこうなる理由やきっかけがあるのかな。


ニシキウミウシ / 井田

OLYMPUS SP-320 f6.4 1/60 iso64


裸鰓目(ドーリス目) / NUDIBRANCHIA
ドーリス亜目 / DORIDINA
イロウミウシ科 / Chromodorididae
ニシキウミウシ / Ceratosoma trilobatum (J. E. Gray, 1827)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/05/03(月) 23:39:25Sea slag trackback:0 comment:0 ニシキウミウシ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。