FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ベニシボリ / 井田

OLYMPUS SP-320 f8.0 1/125 iso64



 
 いよいよGWに突入!

 …と気合を入れるというほどの事も無く、うちはノンビリなムード。

 いいんだか…わるいんだか…(笑)。


 だけど、井田全体としては、西風気味の予報が出ていたにもかかわらず、ダイバーの数は少なくはない。

 井田の海を選んで来ていただけること…ありがたいことである。

 今日はどうしようかな…と思いつつ海岸を見ていたら、よく見かける大勢でやってくるショップさんのグループが見えたので、少しエントリーを遅らせることにした。イントラさんもお客さんも慣れていない方が多いようなので、潜る時間をずらした方がいいだろう…という判断だ。

 1本目はそれがうまくいって、海の中ではダイバーとすれ違うこともほとんど無く、貸し切り状態で潜ることができた。

 ところが2本目…、やはりGW初日ということもあって、どこもいつもよりノンビリペース。普段の週末なら都市型の方たちは撤収していく時間でも動きが少ない。

 マズイなあ…と思い、それならと、エントリーポイントをずらして海に入った。

 前半はそれが功を奏し静かに潜ることが出来たのだけれど、やはりエキジットポイント近くになってから団体さんのラッシュに巻き込まれてしまった…(苦笑)。


 怒涛のラッセル! 大勢のフィンキックで巻き上げられる砂嵐、ちぎれまくり宙を舞う海藻、斜面を転がり落ちるゴロタ石…。連れているグループのそんな状態にもガイドさんはお構いなし…と言うか、本人も一緒にやってるし…(苦笑)。

 一気に半分以下に落ちる透明度…。

 なす術も無く呆然とするその場に居合わせてしまった罪も無い普通のヒトたち…。


 そんな中、唯一の幸運が、ラッセルされた砂の中から現れたこのベニシボリ。

 そういえば、前にもこうゆうことがあったなあ…と、ちょっとしたデジャブ感覚に浸りながら撮影。

 もうもうと舞う砂のせいで、超接写で捻りも何も無い画を撮るしかなかったんだけど、今の季節らしい生き物を見れたって事でよしとしよう。



ベニシボリ / 井田

OLYMPUS SP-320 f8.0 1/125 iso64


頭楯目 / CEPHALASPIDEA
ベニシボリガイ科 / Bullinidae
ベニシボリ / Bullina lineata (Gray, 1825)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/04/30(金) 21:00:12Sea slag trackback:0 comment:2 ベニシボリ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> yuki さん
暖かくなってくると多くなりますね…事件は…(苦笑)。

きりが無いので、まあ仕方が無いのかな…と思うようにしているんですけど。

井田でのコンシボリは僕も見てみたいです!

居そうな場所はイメージしているんですけど、なかなか遭えないですね。
2010/05/02(日) 21:45:54 | matsukawa | #vst5dE8c[ 編集]
アラ。掘り起こされちゃったんですね(;_;)
住み処を荒らされ更に運が悪いとフィンで蹴り上げられ…水中を漂って‥
チョッとした事件ですよね

自分もより一層気を付けますッ!!
未だ出逢えてないのでオオベニとコンシボリを出来る事なら井田で見たいです(^^)掘りたくはないので幸運に期待ですね
2010/05/02(日) 07:58:04 | yuki | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.