Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ナガレモエビ / 井田

OLYMPUS SP-320 f7.1 1/60 iso64




 新しいPCを導入してニコニコかと思いきや…実際はその正反対で、思いっきり手古摺らされている。

 問題は新しいOS(Win7)にこれまで使っていたソフトが対応していないことと、僕自身が新しいPCに対応出来ていないこと。

 集中して新しいPCを使っていれば慣れるのも早いのだろうけど、ソフトの関係で古いPCも使わねばならず、そうすると慣れた操作の方が手に馴染んでいるので、新しいPCを使うときにミスを連発するということになる。

 今の世の中、何でも壊れたら買い替えた方が安くつくというイヤな風潮…。古いものはどんどん切り捨てられ、事実上使い物にならなくなってしまうことが多いというのはどうしたものだろう…。

 より便利に…より使いやすく…というのも分からないではないし、新しい技術が開発され優れたものが出てくることは歓迎すべきことである。でも、経済的な事情から次々と新しいものが売れなければならない…というスパイラルには納得しかねるものがある。この世の中、どこかでバランスが崩れてしまったんだろうな…。


ナガレモエビ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100



 …と、いつものように、自分で書こうと思っていたことから話がズレていってしまったので元に戻そう…(苦笑)。


 新しいPCのことをまだ把握できていないせいで、このところの作業の結果がヒドイことになってしまっている。

 新しいPCを使い始めるにあたって、まずモニターの調整をしたのだが、なぜか、いつの間にかその設定が元に戻ってしまっているということがあるのだ。すぐに気づけばまだイイのだけれど、僕もノンビリしているものですぐには気がつかない…。

 モニターの色調や明るさやコントラストが違っていると画像の見え方が全然違う。僕自身が求める画像はある程度一定なので、そのときのモニターの設定がおかしくなっていたとしても、その状況に合わせて調整することになり、その画像を、まともな設定のモニターで見たときには「なんじゃこりゃ!」という画像になっているということになるのである。

 ここの画像だけでなく、井田MSの生き物情報の画像もやらなきゃならないし、最近サボっている写真講座の画像もやらなきゃならない…。なによりも、とにかく面倒臭がり屋なので、一度やり終えたことを再度やりなおすというのは苦行以外の何ものでもないのであった。

 …ですんで、やり直しません(笑)。

 何か変だぞと思うような画像があったら、それはそうゆう事情だとご理解の程を…。


 画像は今期すでに何度か紹介しているナガレモエビ。

 個体数は少なくないので、これを探して撮影するというのは、減圧停止(=安全停止)のお供に丁度いい感じ。

 基本的にはマメタワラ系の中に居るのだけれど、よ~く見ていると、それ以外の場所にもポツンと居たりして、シチュエーションの違いで写真にも変化をつけられるし、けっこう楽しめる。

 ただし、ベタ凪ならいいけれど、居る場所が浅いだけに、波やウネリがチョットあるだけで、ピント合わせやフレーミングには苦しめられることになるかも…。


ナガレモエビ / 井田

OLYMPUS C-755 UZ f7.0 1/125 iso50


モエビ科 / Hippolytidae
ナガレモエビ属 / Hippolyte
ナガレモエビ / Hippolyte sp.



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/04/29(木) 00:00:00Crab / Shrimp trackback:0 comment:0 ナガレモエビ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。