FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ハオコゼ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/90 iso100




 ちょっとまじめなハナシ。


 例えば今の井田で潜る場合、ゴロタ斜面下のオオモンカエルアンコウやベニカエルアンコウなんかを撮りに行こうと思ったとします。最大水深は26mぐらいになるでしょう。


 26mに滞在できる限界は、ダイブテーブル上で27分間ぐらい。


 だけど、慣れたヒトなら3分少々で目的地まで行ってしまうけれど、そうじゃないヒトが数名で潜るとなると、潜降してから到着までに少なくても10分間はかかるはず。


 目的水深に到着した時点で、すでに体内に窒素は溜まってます。例えば1DIVE目ならば、コンピューターに20分前後の滞在可能時間(減圧不要限界=NDL)が表示されると思うけれど、そのまんまその時間を使い切るのはとても危険。なぜなら、その後、何も見ず、寄り道もなにもせずに安全停止水深の3mまで移動する…なんてことは現実的じゃあないでしょう。


 けっこう計算が面倒なので、潜降開始から最大深度に到達し離脱するまでの時間は、ダイブテーブル上の減圧不要限界時間の1/2ぐらいにとどめておくのが無難なところだと思っています。


 つまり、ここでは、コンピューターが表示するNDLで考えるのではなく、単純に潜水時間ベースで27分/2=約13分で、深度を上げ始めるということです。


 すみやかに目的地に到着できない場合は、目的地での滞在時間が極端に短くなってしまいますが、すみやかに到着できないという未熟なスキルレベルを考えると、滞在時間の短さをセーフティーマージンにするものと考えるべきでしょう。


 水深26mが最大水深であったなら、その次のステップは、その半分ぐらいの水深で計画するのが良いでしょう。井田の場合なら、生物層的に楽しむことも含めて考えると、12~15mぐらいが無難なところです。


 エントリー後13分間で水深26mを後にした場合、水深15mのNDL(実際にはML)は約36分間。この36分間をどう使うか…位置的にどのあたりまで戻ってきているかにもよりますが、36分間/2で18分間ぐらいにとどめておけば、安全性はきわめて高くなるはずです。


 この時点で、潜水時間は31分間。そこからは、生き物を観察したり撮影したりしながら水深をじわじわとゆっくりと上げていき、水深3mでしっかり安全停止。安全停止終了時で35~50分間経過ってところが、比較的無難な潜水計画になります。


 まあ、本当の意味でオウンリスクを理解し、計画的かつ様々な事態に対応できるダイビングを実践できる方にまで、あれこれ言うつもりはないですけど…(笑)。




 例えば、ガイドでもイントラでもチームリーダーでも何でも、ナビゲーションするのであれば、その海の地形や位置関係を把握した上で無駄の無いナビゲーションが出来る能力を身に付けるべきです。それが出来ないヒトが他人を引率するなんてことは恐ろしくて考えたくないです。


 いちばんありがちなのが、目標地点の深度に合わせて深度をキープして目的地に向かう方法なんですが、この方法だと、窒素の溜まり方が無駄に多くなるばかりです。この方法でのナビゲーションに頼っているのであれば、「ナビゲーション出来る」とは絶対に言えません。そこのところを間違えないようにしましょう。


 減圧症に罹ってしまった方の話を聞くことが何度かあったのですが、皆口を揃えてこう言います。「コンピューターの指示に従って潜った」「ナビゲーションもしっかりできていた」と。


 じゃあなぜ減圧症に罹ってしまったのでしょう?

 きちんと潜っていたのに…。


 ほとんどの場合、減圧症になった方はダイビングをやめてしまいます。

 結果、その本当の声は、今現在ダイビングをしているヒトには聞こえてきません。(逆に自分が潜らなくなってしまったのを逆手にとって、分かりもしないのに無責任に煽るだけの人っていうのも居ますけれど…。)

 そもそも、何がどうなったのかを自分できちんと分かっていないってヒトも多いでしょうしね。


 病気というのは、なってから後悔するものです。

 そうなるまでは皆他人事…。のどかなものです。でもそれが一番危険なんです。


 今潜っているヒトがしっかり気をつけなくてはなりません。

 実際問題として、かなり痛々しい悲惨なケースもあります。

 他人任せで自分が体を壊してしまったら馬鹿馬鹿しいですよね。


 タバコに発癌性があっても吸ってるヒトは気にしてません。

 アルコールが肝臓に悪くても飲むヒトは気にしません。

 食べ物だって、糖分脂肪塩分はもちろんのこと、添加物とか保存料とか…、あまり気にされてません。

 本当に健康第一なんてシッカリと考えているヒトは、かなり少なかったりします。

 何だかんだと理由を付けて正当化したり開き直ったりするのがヒトの性ですから。

 他にも、交通ルールだって、自然保護だって、選挙だって何だって…。

 自分が何らかの形でダメージを受けてから初めて我に返るって感じでしょう。


 だけども、これを読んでいるヒトのうち何人かは痛い目に遭うかも…。

 確率的にはそうゆうものです。

 あるいは自分で気づかないまま、かなりの重荷を背負うことになって、他のどこかでその悪影響が出るとかね。


 何をするにせよリスクというのは発生すると思うけれど、上手に付き合っていかないと…です。 



 上の画像はハオコゼ。

 このシチュエーションで撮ろうと思うとチョット深いです。

 浅場で見れるハオコゼごときに、そのダイビング計画を左右させるかどうかどうかは考え方次第。

 たかがハオコゼだけど、これをメインにすると深場で他の事は何も出来ません…(笑)。


フサカサゴ科 / Scorpaenidae
ハオコゼ / Hypodytes rubripinnis (Temminck et Schlegel, 1844)





 あと、今日は、もう1枚。

 別のサイトにUPしてあったリュウグウノツカイ。2004年1月に大瀬で撮影したものなんですが、サーバーに置いてあったファイルが壊れたらしく、そのページが閲覧不可になってしまっていて、ぜひとも見たいという要望を頂いたのでUPします。

 このときは、大瀬の外海で潜り終えて帰ってくる途中に情報を得て、何の準備も無く残タンクで湾内に飛び込みました。バッテリーが力尽きる寸前で極端にレスポンスが鈍くなったカメラを使い、すでに外海で撮り切っていたメディアの画像を消去しながら焦って撮ったという思い出が蘇ります。

 でも、今ならもっとシブ~いのを撮るんだけどなあ…。


リュウグウノツカイ(2004年)

OLYMPUS C4040 f7.0 1/125 ISO100


リュウグウノツカイ科 / Regalecidae
リュウグウノツカイ / Regalecus russellii (Shaw, 1803)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/05/06(木) 19:20:35Fish trackback:0 comment:2 ハオコゼ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> クロブチメガネ さん
……(笑)。


リュウグウノツカイ…次は体長5mとかのデッカイやつに海の中で遭いたいです。
2010/05/08(土) 09:04:27 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
ムッチャ真面目な話(>_<)






そしてこのリュウグウノツカイm(__)m
まさかここまで素敵だとわ…泣

見たい撮りたい対話したい♪
2010/05/08(土) 07:41:34 | クロブチメガネ | #1.E5DkAA[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.