FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

オオモンカエルアンコウ / 井田

OLYMPUS SP-350 f6.4 1/30 iso50




 本当に長いこと目を楽しませてくれる井田のオオモンカエルアンコウ。

 いつでもまったく同じところ…ということはないのだけれど、姿が見えなくても、だったらこの辺かな…という辺りを探してみると、まず間違いなく居てくれるのがウレシイ。


 このときも、ちょっと姿が見えないなあ…と思っていたら、アカヤギの枝の中で吊り輪競技の選手のようにバランスをとっていた。いくら水中で相対重量が軽くなるといっても、このオオモンカエルアンコウの体重に対して、アカヤギは細過ぎると思う。けっこうユラユラ揺れていたし…。

 きっと完璧な中世浮力がとれているんだろうな。

 それにしても見た感じ落ち着かないシチュエーションだし、この時、たまたまこの姿勢だっただけなのかとも思ったのだが、そこから別の場所に向かい…帰りがけに立ち寄ったときに見たときもまったく同じ格好でいた。その間約30分間。

 本人としてはしっくりくるポーズだったのかな。

 やはりカエルアンコウたちのバランス感覚は、ヒトの感覚を超越しているのだろう。


オオモンカエルアンコウ / 井田

OLYMPUS SP-320 f5.6 1/50 iso64


カエルアンコウ科 / Antennariidae
オオモンカエルアンコウ / Antennarius commersoni (Latreille,1804)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/04/28(水) 00:00:00Fish trackback:0 comment:0 オオモンカエルアンコウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.