Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ミズタマウミウシ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.6 1/250 iso100




 その日は、いつものように2本潜って、家路についたのだけれど、別に特に調子が悪いということも無く、ただ潜り過ぎて少し疲れたかなぁ…というぐらいの感じだった。


 …で、いつものように撮影画像をハードディスクに突っ込んで、BLOGで使うヤツをリサイズしたりしていたのだが、やっぱり妙にだるいし、体の節々が痛い…。特に左肩から肘にかけてに鈍い痛みがあって、なんかイヤな感じ。


 ダイバーとしては、肩とか肘の関節付近の痛みというのは、あまり好ましくない痛みだからね…。


 今日はウェイトを重めにして潜ったし、変な姿勢で撮影していたから、そのせいで凝ったのだろう…とか、ふざけて重めのダンベルをふりまわしたりしたから、その時に傷めたのだろう…とか、一生懸命理由をつけて考えないようにしたりする…(苦笑)。


 でも、やっぱり痛い…。


 それでも、まいったな…オレも歳なのかな…と、核心に触れない様に気を逸らす…。

 そして、なんだかだるさが酷いし、今日はシャワーじゃなく湯船にお湯を張って、ゆっくり温まろう…と、風呂を沸かしたりして…。


 …で、風呂に浸かったら、なんとなく楽になる。


 やっぱり疲れてたんだな…などと思いながら風呂から上がり、またPCの前に向かったのだが、やっぱり節々が痛い…。


 これはヤバイか…


 痛みもだるさも酷くなる一方で、良くなる気がしない…。


 だんだん喉が痛くなってきた…。



 どうやら、風邪をひいたらしい。



 …などと思っていたら、この風邪がかなりヘビーで3日間寝込むことになった…。

 辛かった。

 部屋にこもっていると、気分が滅入るので、せっせとPC作業なんかをしたりしていたのだけど、咳が酷くてキーを打ち間違えるし、頭が痛くてボーっとしているし、一向にはかどらないし…。

 何よりも、この間、聞こえてくる海の情報は、「透明度20m!」とか「素晴らしいブルー!」とか「マンボウ登場!」とか、そんなのばかりというのが腹が立つ…(苦笑)。

 ヘビーな風邪は、年に1~2回の恒例行事みたいなものなんだけど、よりによってこんな時にという感じである。


 そして今日、万全を期して一日余計に休んで気合を入れて海に臨んだのだけれど…

 透明度20mは………???

 何だか、やけに白っぽくて、浮遊物がいっぱい…。

 濁ってしまったらしい。

 まあそうゆうこともあるさ…(苦笑)。


 …で、それなら…と、狙っていたヤツなどを探すことにしたのだが、見つからない。


 だけど、それならそれで、目の前に居るヤツをジックリ撮ればいいだろう…と気持ちを切り替える。

 いつもなら真剣に撮らないで流すようなヤツでも、シッカリと向き合う時間を作らないとね。


 …と思っていたら、丁度いい感じで目に入ったのが、このミズタマウミウシ。

 シチュエーションはイマイチだけど、病み上がり第一弾ってことで、とりあえず…。


ミズタマウミウシ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.6 1/250 iso100



 

裸鰓目(ドーリス目)/ NUDIBRANCHIA
ドーリス亜目 / DORIDINA
フジタウミウシ科 / Polyceridae
ミズタマウミウシ / Thecacera pennigera (Montagu, 1815)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/04/19(月) 01:54:26Sea slag trackback:0 comment:2 ミズタマウミウシ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> うみうしふぇち さん
ありがとうございます。

うみうしふぇちさんの赤い針山もすごくイイじゃないですか。
このところさらにウデ上げてますよね!


キレイなもの…カワイイもの…、そのまんま撮ってあげるのがいちばんだと思ってます。

…で、僕がいつも意識するのは「表情」のイイ瞬間を狙うこと…。

そうじゃない画像を載せることもあるけど、そうゆうときはチョット不本意です。


無駄なものをカットという感じでバランス良く…。

バランスを崩す面白さもあるけれど、他の要素を加えるって事は、必ず同時に何かをマイナスするってことになりますから。

このコはイイ顔してますよね。もうそれだけが全てって感じでOKかな…って。
2010/04/20(火) 00:41:15 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
トップの写真がスッゴク好きです(^^)
なんか上手く言葉が出ないんですが、力んでいないのにとても計算されていて『お~』って、いつものようにまた言っちゃう。ウミウシの美しさが引き立っててうらやましい。
2010/04/19(月) 23:57:55 | うみうしふぇち  | #.zxHueVw[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。