FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

オトメウミウシ / 井田

OLYMPUS SP-350 f5.0 1/500 iso50




 今日は造船所でオイルと重油にまみれて重労働…。
 

 そんな中、知り合いから電話が…。

 「透明度イイらしいですよ。」

 「ふ~ん…そうですか。でも今日の僕には関係無いですから…」

 「そうか…、じゃあ終わったらラーメン食べに行きましょう」

 「奢ってくれるなら行く」

 「…1000円までなら」

 「ごちそうさん」

 …というわけで、清水の某ラーメン屋に…。

 すごく美味しかった…。

 奢られて食べるとなお美味しいし…(笑)。


 でも、チョット前に、個人的に究極と思えるラーメンを食べてしまったので、どうしても採点がシブくなってしまう。

 それって、あまりオモシロイ事ではない。

 かなり美味いのを食っても、「うん、2番目に美味い!」じゃあ、イマイチ盛り上がらないし…。

 もしかしたら、最高の領域というのは、知らない方がシアワセなのかもしれない…。

 …などと、ラーメンを食っただけで、哲学してしまったのであった。

 


 …で、さっき小腹が空いたので台所を物色してみたら、インスタントラーメンを発見。

 5袋パック278円の醤油味。

 「ちぇっ…インスタントラーメンか…」と思いつつ、食ったんだけど、けっこう美味かったね。

 十分にシアワセを感じることが出来たし…。


 究極とか語れるような味覚では無いってことで…。



 …で、文とは何も関係ないのだけれど、オトメウミウシ。

 僕の撮影スタイルは、何かを一所懸命探すんじゃなくて、そこに居たものを見てみて、オモシロそうだな…と思ったらカメラを構えてシャッターを切るという感じ。このときも、コイツが体を左右どちらかにひねったら撮ろう…と思い、どうするだろう?…と見ていたら、左折してくれたので、それじゃあ…とシャッターを切ってみた。

 別に珍しくもないし、見過ごしちゃったり、スルーしてしまったりしそうな小さなよく居るウミウシだけど、コイツもまた、けっこう味わいがあるウミウシだなあ…と思う。


裸鰓目(ドーリス目) / NUDIBRANCHIA
タテジマウミウシ亜目 / ARMININA
タテジマウミウシ科 / Arminidae
オトメウミウシ / Dermatobranchus otome (Baba, 1992)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/04/06(火) 20:56:18Sea slag trackback:0 comment:0 オトメウミウシ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.