FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ミノウミウシの一種 / 井田

OLYMPUS C-770 UZ f5.6 1/60 iso64




 基本的には画像だけをサラッと見てもらえればOK。文章はオマケ以下…、もちろん学術的権威は限りなく0(ゼロ)に近く、ほとんど多くの方は、決して真剣に読んではいけないこのBLOG…なのだけれども、忙しかったりしなければ、一応チョットは調べものなどをして書くこともあるし、出来ることなら誤った情報を公開したくはないと思っている。

 …で、ウミウシの画像をUPしようとすると、滞ってしまうことが多い(苦笑)。

 分からないヤツが多すぎるのだ。

 分からない…というのは、まだ和名が付いてなかったりする場合はもちろん、僕自身が知識としてインプットできていないものが多いということで、調べるにしても、手がかりの段階から探らなくてはならなかったりして、なかなか手が回らないことが多い…。

 …なので、ウミウシの未公開画像はデッドストック状態になる一方。

 だけど、一時期ほどのブーム的な勢いは無いものの、ウミウシ人気の波は、最近わりとウミウシ路線から離れていたウチの店にも、ジワジワと迫ってきているのも事実で、「歳のせいか小さいのは見えないんだよねえ~」などと、軽く流してはいられない状況になってきている。


 とりあえずは、ウチでもお隣さんでもそのお隣さんでもいいので、井田のウミウシたちに傾倒して強烈にアピールしてくれる方が現れてくれるのがいちばんイイんだけど…そうゆう素敵な方って居ないかな。居たら、お友達になってもらいたいのだけど…(笑)。別に自分で調べるのが面倒臭いわけじゃないんですよ…うん。やっぱりその道の事はその道の方が強いですから。


 …で、画像は、ミノウミウシの仲間の何か。

 ピンクっぽいところがキレイだなあ… でも、なんだか特に変わった感じでもないし、チョット調べたらすぐに分かりそう…なんて思っていたのだけど、分からないなあ…。

 消去法で探ってみると、セトミノウミウシなのかな?…って感じもするけど。

 セトミノウミウシっていうと下画像(↓)みたいに、けっこうギトギトした派手さがあるイメージなんだよなあ…

 きっとセトミノウミウシの若い個体なのだろう!

 …違うかなぁ?


セトミノウミウシ / 井田 

OLYMPUS C-770 UZ f6.3 1/60 iso64

裸鰓目(ドーリス目) / NUDIBRANCHIA
ミノウミウシ亜目 / AEOLIDINA
アオミノウミウシ科 / Glaucidae
セトミノウミウシ / Setoeolis inconspicua (Baba, 1938)
 



あ…コンマ数ミリのピント位置の違いによる劇的な差の件。

僕も小さな画像で見る分にはOKだから…って事にするケースも多いです。

だけど、チョット大きく引き伸ばすと、コンマ数ミリが数ミリになりますから…。

これはイイだろう!と思っていた自信作をラボで4ツ切りサイズのプリントに出して、出来上がりを楽しみにしてたんですね…。
…で、何日か後に、受け取ったんですが、出来上がりを見てみて愕然…。
破いて街のゴミ箱に捨てて帰ったことが何度もあります。

小さなサイズの画像で見る分には気にならない部分も、ちょっと伸ばすとものすごく気になったりすることが多いんです。

そうゆうのを何度か繰り返すと、小さな画像でも、ある程度の判断が出来るようになっちゃいますよ…(苦笑)。

ほんと、イイところには気付かなくても、失敗している部分には敏感になります。
 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/03/29(月) 21:11:54Sea slag trackback:0 comment:2 ミノウミウシの一種 / 井田
コメント
この記事へのコメント
> yuki さん
毎度です。

井田のウミウシというと、偏って同じ種が数多く見られるという印象が強かったんですけど、やっぱり、この季節はきちんと探せばかなり多くの種を見ることが出来ます。

だけど、本文に書いたように、調べるのは大変…。

ウミウシは調べるのにも根気が必要ですね。

僕に最も欠けているのが根気ですから…(笑)。

今日も分からないヤツを撮影しましたし、またそうゆう分からないのもいろいろ載っけますんで、ぜひ調べて教えてください。
2010/03/30(火) 21:58:18 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
ウミウシかわいぃですね~
井田の海に通ってながら松川さんのblogに登場するウミウシは見た事ない種ばかりで…知識不足を痛感
同種とガイドされても…へ?て思うくらい成長過程で別物では?と思うくらいの種がいたり(ウミウシに限らずですが)生物て深いな~て思います
解らない事だらけですが好きな分他人より詳しくなりたいなと思うので日々精進ですね
ウミウシ情報楽しみにしてます♪
2010/03/30(火) 00:27:36 | yuki | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.