FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

05-07-03-OkinawaHaze-01.jpg
ハゼ科 / Gobiidae
オキナワハゼ / Callogobius hasseltii (Bleeker, 1851)


 たぶんオキナワハゼでいいと思います。湾内で見られる同じ仲間のシュンカンハゼやタネハゼと比べると、ちょっとずん胴なイメージです。個体数云々はさておき、基本的に物陰に潜んで暮らす魚なので、見る機会は少なく、見れるとけっこうウレシイ魚です。個人的には、けっこうカワイイと思うのですが…。


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/07/03(日) 21:38:45Fish trackback:0 comment:3 オキナワハゼ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
ハゼの注目すべきトコロはヒレですよね!しかし、白っぽいオキナワハゼ属さん、、意識して見つけたことがありませんo こんど、頑張って探してみようかな??
2005/07/08(金) 09:55:05 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
> TAKAさん
 ヒレに目が行きましたか。僕もオキナワハゼのイチバンのチャームポイントは胸ビレだと思います。大きくてカワイイですよね。でも、この魚は、こうやって大きく胸ビレを広げていることが多いので、それ自体の撮影はムズカシクないんですよ。この個体の体長は5~6cmぐらいです。沖縄なんかだと、この仲間で、白くてちっちゃいのが居ますよね。
2005/07/06(水) 11:03:16 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
こうやってヒレを開いているのは、撮影もかなり、難しいんでしょうね!!小さいのですか?周りと同化していて、見つけるのも難しそうですo
2005/07/05(火) 10:25:22 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.