FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

コケギンポ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/500 iso100




 コケギンポを観察撮影するのに最も適した水深は水深3mぐらいだと思う。

 3mだと波やウネリの影響でツライこともあるのだけれど、それより深いと、窒素との絡みで、ジックリと観察するのが難しくなってくるからだ。コケギンポの求愛行動及び産卵行動は、けっこう時間がかかることが多いので、浅いということが絶対的なアドバンテージになってくるのだ。

 …で、水深3m前後にターゲットを絞り、数個体を定点観察しつづけているのだが、他の場所のチェックも欠かせない。どこにどんなヤツが居るのかを知っておくことによって、勢力争いなどをより重層的に見ることが出来るからだ。

 水深6m以深には、昨年井田の浅瀬の環境を変えてしまった台風18号以前から見られる個体が何匹か残っている。

 上画像の個体もそうで、周りの岩は深くに転げ落ちてしまったのに、この個体の居る岩は元のままで、今も同じ巣穴から顔を覗かせている。

 去年は、弱気で地味な印象ばかりが目立ったのだが、1年が過ぎ、チョット風格らしきものが出てきたような気がする。しかも、強力なライバルと思われる個体が棲んでいた岩は、はるか深いところに落ちてしまっていて、その個体の姿も見当たらない。去年とは状況が違うという感じなのである。

 シーズンに入ったら、どんな感じになるのか気になるところだ。


 …で、最近、コケギンポゾーンに現れ、棲みついたのが下画像の雌(↓)。

 まさにこれから繁殖期に入っていくので、コイツの動向も見逃せない。


コケギンポ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/500 iso100


コケギンポ科 / Chaenopsidae
コケギンポ / Neoclinus bryope (Jordan et snyder, 1902)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/03/17(水) 00:00:00Fish trackback:0 comment:0 コケギンポ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.