Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ベニカエルアンコウ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/90 iso100
2010.02.19.撮影


ベニカエルアンコウ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/90 iso100
2010.02.14.撮影



ベニカエルアンコウ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.6 1/90 iso100
2010.02.10.撮影





 地味な個体なんだけども、数多い井田のベニカエルアンコウの中でも一番のお気に入りがコイツ。

 別に何かやってくれるというわけではない。

 それどころか、何もやってくれない…

 …と言うよりも、まったく動かない。

 最初に見たのは2月4日。その日にUPしているので見ていただけた方もいるかもしれない。

 …で、今回UPした画像は19日に撮影したもの。

 ちなみに、21日にも確認している。

 …見ての通り。

 まったく動いてません。

 周りのカイメンやホヤの成長の方が変化としては大きいぐらい…(笑)。

 いったいどれだけ動かないんだ!?…と。

 同じ場所に長く居るというヤツは過去にも何度も見ているし、もっと長期に渡って観察したこともある。

 だけど、昨日は右手を上げてたけど今日は左手だった…とか、ちょっと佇む角度が違うとか、微妙なポーズの違いがあったりするのに、コイツときたらほとんど同じ。先にも書いたように、居る場所のホヤやカイメンが成長したり動いたりするので、その分だけ動いただけ…という感じ。おまけにチョット痩せてきたような気さえする…(苦笑)。


 定番ネタになっているベニカエルアンコウたちの動きっぷりとはえらい違いである。

 場所的にも、ネタ探し場所のはざ間…という感じの場所なので、たぶん、この個体を確認しているヒトはあまり居なくて、見ているヒトが居たとしても、きっとジェントルに観察してくれたのだろうと思うな。…と、思いっきり皮肉を言ってみたりして…(笑)。


ベニカエルアンコウ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.6 1/90 iso100
2010.02.04.撮影



カエルアンコウ科 / Antennariidae
ベニカエルアンコウ / Antennarius nummifer (Cuvier,1817)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/02/23(火) 20:48:10Fish trackback:0 comment:2 ベニカエルアンコウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> yuki さん
毎度です。

サイズは相変わらず小さいですヨ。

昨日も津波騒動の中、同じポジションに鎮座しておりました。

でも、ふと思ったのだけれど、

コイツ、もしかしたら動いているんじゃないか…と。

カエルアンコウは夜行性なので、案外、夜は動き回っていて、朝になると、お気に入りの場所に戻ってきて、お気に入りのリラックスポーズ状態になるとか…。

それならそれも面白いかな…と。

井田でナイトダイビングが出来ればなあ…。
2010/03/01(月) 21:26:01 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
同じ画像UPしてる~、、、クスリ。
…と、思ったのですが(^^ゞ
失礼しました(笑)
目が合っちゃったコですよね。サイズ的にはどうなんでしょぅ。痩せて見えるくらぃだから他より2回り小さいままですかね。。
記事、楽しいですね。
2010/03/01(月) 07:59:19 | yuki | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。