Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

コケギンポ / 井田

OLYMPUS SP-350 f6.4 1/60 iso50




 前回のコケギンポと同じように見えるかもしれないけれど別の個体。今は巣穴の位置で誰かを認識しているのだが、このコたちが巣穴を出ているときに他の場所で見たとして、見ただけで差異を認識できるか不安…(苦笑)。

 一気にUPしようと思っていたのだけれど、これでやっとでコケギンポゾーンのメインキャスト5匹の画像紹介が終わった。

 何のひねりも無い横顔画像ばかりだったけれど、今後の様子をUPしていくにしてもプロフィールショットぐらいは載っけておかないと…と思っていたのでね。とりあえず、この最近UPした画像で、5匹の個体識別ができると思う。


 あ…、もう一匹新人がいたのだけれど、どうやら引っ越したらしい…。

 あと、他にも別のところからやってきたと思われる個体が1匹うろついている。

 今後、にぎやかになりそうな気配が漂い始めている最近のコケギンポゾーンなのであった。


 …で、ふと気付いたのだが、もともと底モノが多いこのBLOGなのだけれど、最近その傾向がさらに顕著になり、作者も「たまには雰囲気が違うのを…」とか「違った提案を…」という気遣いすら忘れてしまっている。

 泳いでいるのを載せたのはいつだっただろう?…と遡ってみたら、1月31日にUPしたキアンコウまで遡らなければならない。…って、キアンコウも底モノだった(苦笑)。…で、その前は1月10日のマトウダイ…。

 写真を撮るお客さんのほとんどが底モノしか撮らないから…というせいもあるのだけれど、やはり提案の意味も含めて、もうちょっと泳ぎモノを撮らねばならないかな…と思ったりもする。

 ちょっと視点を広げて潜らねばならないだろう。


 …などと言いつつ、ちょっとイメージが湧いてこない。

 水がキレイだから、ワイドレンズを使って群れを…というぐらいかな。


 やっぱり、しばらくは底モノづくしなんだろうな…。

 地味だけど勘弁してください。


コケギンポ科 / Chaenopsidae
コケギンポ / Neoclinus bryope (Jordan et snyder, 1902)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/02/18(木) 22:00:52Fish trackback:0 comment:2 コケギンポ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> yuki さん
定点観察は、見るだけならなんとかなるんですけど、撮影&記事更新はけっこう大変です(笑)。

他に見るものが無いって感じであれば助かるんですけど、今のように見どころイッパイの海だと、撮影時間の割り当て&更新予定が追いつかないので…。

今回はプロフィール写真(証明写真)みたいなのですけど、やっぱり、画的にインパクトがあるヤツをUPしたいですし…。
…で、それに合わせて定点観察話を書ければイチバンいいんですけどね。

なかなか都合良くいかないです。

でも、こうしてコメントいただけると頑張ってUPしようと思いますんで、見てください!
2010/02/19(金) 01:04:39 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
てつ!さんが沖縄行った後定点観測の記事は井田の海を毎日潜れない私にとっては有難い更新です(^^)
今頃あのコはどうしているのかな?って
コケギンポの勢力争いだとかモテる個体はどれとか…
毎日見ているので引き続き個体別動向の更新は楽しみにしています♪
2010/02/18(木) 22:37:23 | yuki | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。