Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

05-06-18-Tengunootosigo-01.jpg
ウミテング科 / Pegasidae
テングノオトシゴ / Pegasus volitans Linnaeus,1758


 たまには"ネタ系"で…。今、イチバン人気のテングノオトシゴの幼魚。体長2cm弱、とてもカワイイのですが、その小ささが写真から伝わらないのが残念です。指とかコインとか、大きさの比較になるものを一緒に撮れば分かりやすいのですが、常に誰かが撮影していて、やっとで終わったと思って撮影し始めたら、すぐに他のダイバー達に取り囲まれてしまうという最悪の状況で、あんまり悠長に撮影していられないというのが現実です(笑)。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/06/18(土) 23:59:01Fish trackback:0 comment:8 テングノオトシゴ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
TAKAさん
沖縄本島にお住まいでしたか。うらやましい限りです(^^;。僕は残念ながら、北部に行ったことはありません。恩納村までですね。最近本島の面白さを再認識して、年に1度は遊ばせてもらってます。大瀬にもいらしてくださいね。

matsukawaさん
今週末、あやしくなってきました。仕事が...テングノオトシゴの人気と居場所を考慮すると、2週間あけると危険なので、何とか行けるように頑張ります。
2005/06/23(木) 00:41:56 | かわい | #-[ 編集]
>一ヶ所に内湾と外洋と岬があるところなんで、海底の基質はバラエティに富んでます

ということは、生物的にはかなり多種多様で面白そうですね!TAKAも早く大瀬で潜れる日がこないかな。。。(来年くらいには、
と計画中です!)

>かわいさん
こんにちはo TAKAは沖縄本島ですo 瀬底・水納・伊江、といった島を潜ることが多いですよo かわいさんは北部へはいらしたことはありますか? 水納の砂地は真っ白でとてもきれいですが、瀬底はちょっと泥っぽいですo 伊江は・・・砂地はほとんどないかなo それぞれの島に特徴があって、それがまた楽しかったりします^^
2005/06/22(水) 09:45:24 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
matsukawaさん
ガイドさんの名前は分かってますが、ネットでの公表は控えました。日曜に遊びに行きますので、お見かけしたらお話しますね。
ところで、遅ればせながらブログを立ち上げました。僕のは単なる記録映像で、お見せするのは恥ずかしいのですが、お暇な時にでもご覧ください。

TAKAさん
こんばんは。たびたび割込み失礼します。僕も最近大瀬で潜ることが多いので、matsukawaさんのコメントは理解できます。確かに奥が深いですね。TAKAさんは普段どちらの島で潜られているのでしょうか。
2005/06/21(火) 22:24:40 | かわい | #-[ 編集]
Re.
> かわいさん
 お久しぶりです。
 今はイザリウオのかわいいのがいっぱい居ますからねえ。でも、このテングノオトシゴも見ておいた方がイイですよ。一見の価値ありです。あ…、パートナーのガイドさんはチョットわからないです。

> TAKAさん、
 大瀬崎の場合はそうですね。たしかに、よく見ると色合いが微妙に違っていたりすることもあるんですけど分かりづらいです。一ヶ所に内湾と外洋と岬があるところなんで、海底の基質はバラエティに富んでますね。
2005/06/21(火) 00:52:16 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
砂粒
そうなんですか!!場所によっても砂粒の大きさが違うなんて。。。コッチでは、大きさが違うと色も違うことがほとんどなんで、砂地の色みたらだいたい、どこの島かとか、わかってしまうんですよo うぅ~ん、大瀬崎、奥が深いですね!!
2005/06/20(月) 09:42:56 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
テング...
こんばんは、ごぶさたしてます。
今日、潜ってきました。テングノオトシゴを狙ってたんですが、イザリウオのあたりでハシャギ過ぎ、時間切れとなってしまいました(TT)。やはり好きなものは最初に食べないとだめですね!?来週再挑戦です。
そういえば、パートナーさんに、僕のG会社の人がガイドとしていらっしゃるそうです。そのうちご挨拶に伺います。
2005/06/19(日) 23:31:53 | かわい | #-[ 編集]
 ありがとうございます。とてもカワイイ個体で、今日も人気者でした。
 たしかに、いろいろ見られてる方なら、砂粒からも大きさをイメージできますね。ただ、大瀬崎の場合、場所によって、同じような色合いだけど砂粒のサイズが違うってケースもあるんですヨ。もしかしたらTAKAさんがイメージしているよりも小さいかもしれないし、その逆もありえるかもしれません。ちなみに、ここは泥質なので、ほんとに粒子が細かいところです。
2005/06/19(日) 19:44:48 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
かわいい
このアングルが新鮮ですo
周りの砂粒(?)を見れば、指とかなくても小ささが想像できます^^
2005/06/19(日) 10:18:46 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。