FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ベンテンウニ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.6 1/60 iso100




 久々にシビれました。

 なんて格好いいウニなんだろう!

 ベンテンウニ。

 過去には大瀬の深場でしか見たことが無い。


 …で、これはイイだろう!…と、「井田 ベンテンウニ」で、WEB検索してみたら、見慣れた名前が…

 「 ベンテンウニ by ○○!

 過去にも井田で撮影されているのであった。

 まあ見れてウレシかったからいいか…(笑)。


 このウニの格好良さは、弓状に反った太い棘と、その色彩の美しさだ。

 その辺りを表現するには、サイド気味から弓状に反る棘の曲線を見せるアプローチが望ましい。

 だけど、ここで、てつ!氏と同じアプローチで撮ったのをUPするだけ…というのは、チョット悔しい…(笑)。


 何度か見に行き、他の視点は無いだろうか?…と暗中模索しているうちに姿が消えた…残念…。

 
 ところが、この日、運良く再会出来てしまった。

 居ないなあ…と思い、下ばかり探していたら下ではなく目の前に居た…という感じ(苦笑)。


 シチュエーションの幸運もあったけれど、このとき湧いてきたインスピレーションはチョットした快感だった。

 不自然な位置から撮影しているので、「どうなってるんだ?」…という感じの画になっているが、それもまた狙い通り。


 違う角度からこのウニを魅力を表現できたのでは…。

 大瀬の某氏風に言うところの「自画自賛」…(笑)。


アスナロウニ科 / Arbaciidae
ベンテンウニ / Coelopleurus maculatus



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/02/09(火) 00:09:20others trackback:0 comment:4 ベンテンウニ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> クロブチメガネ さん
自画自賛できるってのはウレシイもんですね。

ただ、問題は何年後かに見たときに、また自画自賛できるかどうかなんですけどね(笑)。

自画自賛していた画を、後にまた自画自賛できれば、それは素晴らしいことだと思います。

でも同時に、今、自画自賛している画が100枚あったとして、後に、その100枚全部を自画自賛できてしまうとしたら、それはとてもツライ場合もあるような気がします。

進歩してなかったって可能性もあるわけで…(笑)。

日々精進ですなあ。


でも「自画自賛」…イイ言葉だなあ(笑)。
2010/02/21(日) 19:55:57 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
写真というか…
造形物というか…
アートというか…
神仏的というか…

素敵です♪

いえいえ『自画自賛』だなんて(笑)

完璧にウニの魅力引き出しまくりやないっすか!?!?!?!?

m(__)mm(__)m…ハハァ…m(__)mm(__)m
2010/02/21(日) 06:28:50 | クロブチメガネ | #1.E5DkAA[ 編集]
> yuki さん
深場のウニみたいです。

ウニの仲間は深いところにもいろいろ居て、冬になると僕らの目につく水深に上がってくることも多いです。

ベンテンウニは、底引き網などで引っ掛かってくるらしいので、水深200m以深にも棲息してそうですね。

キレイなウニですよね。
また見たいです。
2010/02/10(水) 21:14:54 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
カッコイイッ!!すごく。
〇〇氏の写真も以前から見ていたのですが、、、こんなオシャレなやつ忘れるハズが無いのでお初です(^^)

黒バックに赤いのも格好いいし花が咲いてるみたいですね
2010/02/10(水) 07:59:38 | yuki | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。