Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ユビノウハナガサウミウシ / 井田

OLYMPUS SP-350 f5.0 1/100 iso50




 コイツを見たとき、ちょっとハッとしてしまった。

 少し前に大瀬はまゆうMSの洋子嬢が撮ってきたホクヨウウミウシ系のイカシたウミウシを思い出した。

 でも…

 なんかカッコいいヤツだぞ…と思ったのも束の間…。


 よく居るユビノウハナガサウミウシだね。

 どう見ても…。


 ユビノウトサカに居るのしか見たことがなかったので、場違いな岩の上に居るコイツが何だかを認識するのに、ちょっとのタイムラグがあったというわけだ。


 でもまあ、格好いいウミウシであることに違いは無い。だから目に止まったのだ。

 撮れる角度は限られているけど、どう撮れば魅力を表現出来るかを考えた。

 …わからん(苦笑)。

 1…2カットシャッターを切ってみたが、ただ写っているだけ…。

 何が何だか分からないという気もする。


 ここはやはりウミウシだと分かるように撮らないと…。

 形そのものが特異なので図鑑的なアプローチで、その辺をしっかり見せつつ…というのも悪く無いだろう。

 ていねいに…ていねいに…ディテールを観察しつつアングルを決める…。


 まず、このウミウシは、どっちが後ろでどっちが前か分かりづらいので、前部(右側の)空間をやや広めに…。あとは、触角にシッカリとピントを合せて、ウネリで生じる水の動きのせいで揺れる特徴的な枝分かれした背面の突起が格好良く揃ったところでシャッターを切る。
 

 それだけなんだけど、それだけがけっこう大変…。

 モニターだと触角が見えづらいし…。

 それだけで精一杯だった(苦笑)。

 またもっといいシチュエーションで会える時までの宿題かな…。



 ウミウシは、マニアな方々が多いので、マニアックなヤツを見つけて、「どうかな?コレは?…フッ…」と、自慢げに紹介したいところなのだが、やっぱり、こうゆう普通に居るヤツとも、きちんと向き合って撮影しておきたいなぁ…と。

 写真として見せるなら、珍しい被写体だけどショボイ写真より、珍しくなくとも魅力的な写真の方が大事だったりもするしね。もちろん両方揃えば最高だけど…。

 ていねいに…ていねいに…、目に止まったヤツから撮っていってみようかな…と思う今日この頃なのであった。
 


裸鰓目 / NUDIBRANCHIA
スギノハウミウシ亜目 / DENDRONOTINA
ホクヨウウミウシ科 / TRITONIIDAE
シロハナガサウミウシ属 / Tritoniopsis
ユビノウハナガサウミウシ / Tritoniopsis elegans (Audouin in Savigny, 1826)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/02/03(水) 05:00:00Sea slag trackback:0 comment:4 ユビノウハナガサウミウシ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> あき さん
 きれいですよね!

 地味なシーンではあるんですけど、このシックな白の美しさを表現したかったんです。

 まだまだですけど…(笑)。


> でもこれってシロハナガサウミウシとは違うんですか

 うまく言えないんですけど、経緯としては、以前にユビノウハナガサウミウシと呼んでいたヤツが、新参異名だったということでシロハナガサウミウシということになり、その後、やっぱり、ユビノウハナガサウミウシとシロハナガサウミウシは別の種だったということになった…という感じだったと思います。
2010/02/03(水) 21:24:45 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
> てつ! さん
 限定品に弱い…確かに。

 でも、多くの人が限定品に向かってくれるから、おかげで僕らは、違うイイのを独占出来ることもあるという…。

 だから、それはそれで良い部分もあるのかな…(笑)。


 生き物の魅力を探しながら、ていねいに撮っていこうと思います。
2010/02/03(水) 21:13:24 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
きれい!
とてもきれいですねヽ(*^ ^*)ノ

たくさんで固まっているところしか見たことが無いので新鮮です!

ていねいに撮ったって感じも伝わってきます!

でもこれってシロハナガサウミウシとは違うんですか( ̄ー ̄?).....??
2010/02/03(水) 17:04:56 | あき | #oely/y8c[ 編集]
同感です。
同感です!

でも、なかなか遭遇できないやつが居ると分かった瞬間に、そちらに向ってしまうのは限定品に弱い日本人なんでしょうね!笑
2010/02/03(水) 16:33:54 | てつ! | #yx9fSxcY[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。