Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

キアンコウ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f2.8 1/6 iso200




 幸運は忘れた頃にやって来た…


 今日もいつもと同じように「何か居ないかな…」と海底を散策。

 最近はベニカエルアンコウがそこかしこで見られているので、岩陰をライトで照らしながら探す。

 MAABOWの高橋さんからオレンジ色の大きいのを見つけたという情報を得たので行ってみたのだが見つからず…。

 あと、他にオレンジ色の中ぐらいのが居るという情報も得ていたので行ってみたのだが見つからず…。

 …ん?

 …今日は調子悪いのか???


 前に自分で見つけたヤツは続けて3つ確認できているので、見つからないのは微妙に視点がズレているからだろう。

 調子が悪かったり、ペースが乱れているときには、そうゆうことがよくある。

 逆に、見つかるときは、立て続けにポンポン見つかるのだが、そんなときはリズムの良さを感じながら潜っている。

 今日はリズムが良くないらしい…(苦笑)。

 
 そして、先日引っ越し先を見つけたオオモンカエルアンコウを確認しに行ったら…居たはずの場所に居ない…。

 「マズイぞ…本当に調子が悪いなぁ…」と思いながら、予定よりも時間をかけて探したら、探していた場所のすぐ近くで発見。

 そのあたりからリズム感を取り戻したような気がする。


 …で、他にも何か見つかりそうな気がして名残惜しかったのだが、窒素も溜め込みすぎてしまったようだし浅場に移動することにした。


 深度を上げていくと斜面沿いに雲のように密集して群れるクロホシイシモチが美しい…。

 「2~3カット撮って上がろう…」と思い、ホワイトバランスを合わせていた時、いきなり、ザッと群れが動いた。


 上方に大きな魚影。


 でかい!


 ………エイ?


 違う!


 キアンコウだ!



 以前、大瀬で、ダイバーに追いかけられて泳いでいる姿を見たことがあるし、ゴロタ沿いを泳いでいる画像も見たことはある。

 でも内心「これってナチュラルじゃないよなあ」と思っていた。

 基本的にキアンコウは砂地に張り付いているようなのを、俯瞰状態で見おろしながら探す魚である。


 まさか上から泳いで降りてくるとは…。



 お客さんがいれば、格好をつけて余裕を見せるところだが、心の準備も何も出来ていないし、見てるヒトも居ないし思いっきり慌てて追いかける。

 ファンダイビングで軽く飛ばして中層を流すぐらいのペース。


 海の中が暗い…。

 ISO100だとブレる。

 並んで泳ぎながらISO感度を200に上げる。


 泳ぐのが速い…。

 画的に距離も詰めたくない…。 

 流し撮りで止めるしかない。


 砂地までついていって着底場所を確認したかったのだが、エア的にも残留窒素的にも深追いは無理だ…。

 とにかくキアンコウのペースに合せてシャッターを何度か切ってジ・エンド。

 



 …で、1カットだけ止めることが出来ていたのが上画像。

 ノーストロボでシャッター速度1/6秒、しかもけっこうシッカリ泳ぎながら…。

 とりあえず上出来ってことで…。



 しかしこの井田の海…何でもありって感じでスゴイ…(笑)。

 普通来ないでしょう…上からは…。


アンコウ科 / Lophiidae
キアンコウ / Lophius litulon (Jordan, 1902)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/01/31(日) 20:04:18Fish trackback:0 comment:4 キアンコウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> クロブチ@実家 さん
¥3500じゃなくて¥4890だったか…(笑)。


いずれにしても…


安いね。


井田に戦果の報告をしに来てください。

待ってます!
2010/02/01(月) 19:37:55 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
大変申し訳ありません(>_<)
井田より¥4890を選んでしまいました!

ナチュラルに出会ってみたいものです☆
貴殿のエイドリアン…フッフッフ(^◇^)
2010/02/01(月) 18:02:45 | クロブチ@実家 | #1.E5DkAA[ 編集]
> クロブチ@実家 さん
 じ…実家って…

 ¥3500のとこですか?

 井田に来るより、¥3500のとこを選んだ…と。

 心に刻んでおきます。


 今回のキアンコウは、得意のハプニング的幸運なんですけど、興奮しました。

 エイドリアンポーズをキメる余裕は無かったですね(笑)。

 あ…

 ダイバーにプレッシャーかけられて泳いでるのはナチュラルじゃないですけど、今回のように、向こうから泳いでくるのは、とってもナチュラルですよ!!!

 このときは最終EX時間間際で他にダイバーは入っていなかったんで、ダイバーに追われたんじゃないはずです。


> うみうしふぇちさんとのナイトウミウシデート

 それは凄そうですね(笑)。

 でも、いいダイビングの充実感を味わえたようで羨ましいです。
2010/02/01(月) 17:41:22 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
貴殿のいうナチュラルではないようですが
無茶苦茶カッコイイ飛来っすね☆

大瀬にも出ていましたが、窒素の問題もありまして今回はお預け…

1/6のがっちり写真…羨ましいっす♪

前回のうみうしふぇちさんとのナイトウミウシデートは凄くテンポがよく
上がってからエイドリアン並のこみ上げるモノが(笑)

上からはないっすね…(>_<)まぁ…とりあえず上はダイビング中見てないっす☆
2010/02/01(月) 16:30:50 | クロブチ@実家 | #1.E5DkAA[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。