FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ヒメギンポ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f4.7 1/90 iso100




 海に入った瞬間、目の前に広がる爽快なブルー!
 
 最高に気持ちイイ!

 これぞ冬の井田の海という感じだ。

 中層に飛び出したい気持ちを抑えて、予定通り岩場を探す。

 海中が明るいので暗めが好きな生き物たちは探しづらいかな?…と思ったのだが、定番のベニカエルアンコウたちも健在だし、各種ウミウシの姿もよく目につく。新しいネタをいくつか見つけ気分良く浅場に戻ってくることができた。


 さて、浅場では何を撮ろう…と思っていたところ、目に入ってきたのがヒメギンポ。繁殖期に入っているので活発になっていて、そこかしこにたくさん居るのを確認できる。

 最近撮っていなかったなぁ…と思い、カメラを向けたら、ぜんぜん逃げない…。
 
 こうゆうのも繁殖期ならではである。

 いつもなら、すぐに逃げちゃうんだけどね。


 クローズアップレンズを重ねて撮影倍率を上げているので、思いっきり寄らなきゃならないのだけれど、それが適度なプレッシャーになったのか、こちらに向かってチョット威嚇の表情…。

 イイ感じで撮ることができたかな…。
 

ヘビギンポ科 / Tripterygiidae
ヒメギンポ / Springerichthys bapturus (Jordan et Snyder, 1902)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/02/05(金) 21:11:03Fish trackback:0 comment:0 ヒメギンポ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.