FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ベニカエルアンコウ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.6 1/200 iso100




 またベニカエルアンコウ…。

 けっこう次から次へと新しいのが見つかっている。

 いいペースで見つかっているので、旬のうちにUPしておかないと…ということで。

 せっかくここを見て潜りに来てくれても、居なくなってからだったらツライしね。


 このオレンジ色のカイメンに隠れている感じが素敵なヤツ。

 いつ見に行ってもこのポーズ。

 なかなかシャイなヤツだが、そこがまたイイ感じだと思う。


カエルアンコウ科 / Antennariidae
ベニカエルアンコウ / Antennarius nummifer (Cuvier,1817)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/01/27(水) 00:00:25Fish trackback:0 comment:6 ベニカエルアンコウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> yuki さん
何度でもOKですよ!
2010年からは趣旨変えして社交的なヒトになりました(笑)。
忙しいときは無理ですけど、そうじゃなければ伝えられることは少しでも多く伝えたいので。

23日のヤツは、近くにある赤いソフトコーラルにストロボ光が反射して橙色っぽく見えますけど「赤っぽい肌色」ですね。

25日のヤツは画像のまんま「鮮やかな橙色」。

26日の上のヤツは「くすんだ黄色」。
26日の下のヤツは「黄色っぽい肌色」。

27日のヤツは純白と言うにはチョット辛いけど、これぐらい白ければ「白」と言ってイイと思います。

…って感じです。

自然光を殺して撮影してチェックしているんで間違いないと思います。
まあ、ベニはけっこう体色を変化させるんで、次に見るときはまた変わってるかもしれませんけど。

この5個体以外に、あと3個体確認してます。
(それと別にあと1個体ユウスケ君@井田DCが確認してます)
けっこう居ます。ウレシくなりますね。

ただし、全部一気に見て回っても、見れるのは3~4個体かなあ…。
隠れちゃってることも多いので…。

ペアを見るなら初夏ですね。お腹の大きいメスを探しておいて継続観察すれば、見れる確率がグッと上がりますよ!
2010/01/27(水) 17:55:12 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
2度目です。すみません。

天地逆の個体はミルキーな乳白色だったので(環境の錯覚かな)
この個体が実際も写真どおり発光してそうなクリアな白だったら嬉しいな~と思って聞いてみました(^^)
変わらないうちに紹介してもらわないとッ!!
一期一会の個体でも会えないけど載せていただけると嬉しいです
本当は毎日岩陰やらカイメンの隙間やら至るところまで捜して回りたいッ
井田でペアなんか見れちゃったら失神ものです
2010/01/27(水) 16:34:07 | yuki | #-[ 編集]
> 屋久島太郎 さん
 毎度です!

 この時期のベニは隠れていることが多いからね。

 でも屋久島さんが言うように、伊豆はカエルアンコウの仲間を見なきゃです(笑)。

 画だけど、やっぱり彩度控え目が基本です。特に赤系はね…(笑)。

 赤系(オレンジ色も)は、控え目にしたほうが階調が出るし、充分に派手に発色するから。

 あとは、コンデジを使うことでしょう!

 一眼からコンデジにステップアップしてみてはいかがかな?(笑)
2010/01/27(水) 09:23:58 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
> yuki さん
 居ますねえ!
 ベニがいっぱいいてくれるとホッとします(笑)。

 25日のヤツはホントきれいでした。
 わりと少ないんですよね赤っぽいヤツ。
 でも、聞くところによると橙色のはもう1匹居るようです。

 黄色も近所に居るはずです。
 カイメンに行ってくれればウレシイけど、このところの様子を見ていると、岩の隙間にはさまってるって可能性も高いかな。

> 今回のも‥白ですか?

 まさに真っ白ってこともあるんですけど、この画像の個体ぐらいの色合いなら白ってことにしてます(笑)。  
 
2010/01/27(水) 09:13:28 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
ベニいいですね~。
今回大瀬では3個体しか見れなかった。
ノーマルは1個体も見れなかったし。やっぱ伊豆はカエルアンコウ見ないと落ち着かないですね。
このオレンジカイメンに付くのもいいし、前回のオレンジのベニも最高です!クリアな絵だな~。なんとかして僕も松川風に撮りたいんだけどなかなかできません。

久しぶりの実家では無駄にヨドバシカメラへいってウロウロしてます(笑)
2010/01/27(水) 09:04:30 | 屋久島太郎 | #aIcUnOeo[ 編集]
目線がかわいいですね~。このコも23日25日upのコ達も初めて見ました
沢山いるんですねッ♪♪
25日のは何だか異質な印象受けました。色が濃いせいかな。
(;_;)黄色が行方不明は残念です。あの環境を選んだ感性が好きだったのに。なかなか出てきてくれないあたりも心くすぐります。
手前のカイメンあたりに引っ越してないかなぁ。。
今回のも‥白ですか?
2010/01/27(水) 08:09:27 | yuki | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.