FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

イソギンチャクモエビ / 井田

OLYMPUS SP-320 f5.6 1/500 iso64




 年末~元旦と強い西風が吹き、大荒れの日が多かった井田だけど、そんな日ばかりじゃないだろう…と、今年も楽観的な俺です。

 このところお客様も入っていなかったので、フラフラとネタ探しに潜っていたのだけれど、「どうだッ!」というような新ネタは見つからず、そんなときは、浅瀬でいつも見られるような生き物達と戯れることになる…。

 でも、この日のように荒れた海の場合、浅瀬は波とうねりのせいで体勢は安定しないし砂や浮遊物が舞っているし…で、撮影するにはけっこうシンドイ。

 こんなとき、撮りやすさを優先するか、見せられる画を撮ることを優先するかで、アプローチの仕方はかなり変わってくる。撮りやすさを優先するなら、広角で狙った方が確実に撮れるけれど、広角だと浮遊物の写りこみを避けられない。浮遊物を目立たないようにするならば、被写体までの距離を極限まで詰めた超接写で迫ることになるのだが、カメラを安定させるスキルが無いとピンボケ写真ばかりになってしまう。

 …だもんで、今回は、超クローズアップで狙ってみた。過去にUPしたイソギンチャクモエビの画像を見てもらえればと思うのだけれども、個人的には、今回のみたいに寄って撮るよりも、もうちょっと広めに撮る方が好みだな。


イソギンチャクモエビ / 井田

OLYMPUS SP-320 f5.6 1/500 iso64


モエビ科 / Hippolytidae
ヒメサンゴモエビ属 / Thor (Kingsley, 1878)
イソギンチャクモエビ / Thor amboinensis (De Man, 1888)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/01/03(日) 11:35:16Crab / Shrimp trackback:0 comment:0 イソギンチャクモエビ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.