FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ルージュミノウミウシ / 井田

OLYMPUS SP-350 f6.3 1/100 iso50




 今日もダイナマイト級のタカベの大群とランデブー!
 楽しかったーッ!

 …という感じで海から帰ってきたのだが、タカベの画像は昨日UPしたなあ…と思い、今週末に撮影した画像をチェック。

 クダゴンベ…オオモンカエルアンコウ…ベニカエルアンコウ…アカボシハナゴイ…サクラダイ…キンギョハナダイ…コケギンポ…ホシギンポ…イトヒキベラ…ベニホンヤドカリ…イソギンポ…ナベカ…タカベ…タカベ・タカベ・タカベ・タカベ・タカべ…ブリ…タカベ・タカベ・タカベ・タカベ・タカべ・タカベ・タカベ・タカベ・タカベ・タカべ・タ……etc.

 やはりタカベばかりだった(苦笑)。

 いつも見てくれている人に、いつも相変わらずだ…と思われていても面白くないし、何か意表を突いてみたいような気もするのだが、結局相変わらずにしか撮っていないのがイタイとこである。

 そういえば伊豆のウミウシはしばらくUPしていない…これなんかどうだろう?…と選んでみたのが今回の画像。

 季節的にもそろそろウミウシが目立ってきているし…。


裸鰓目(ドーリス目) / NUDIBRANCHIA
ミノウミウシ亜目 / AEOLIDINA
サキシマミノウミウシ科 / Flabellinidae
ルージュミノウミウシ / Flabellina rubropurpurata (Gosliner & Willan, 1991)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/12/23(水) 22:21:13Sea slag trackback:0 comment:3 ルージュミノウミウシ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> あき さん
 ありがとうございます!
 誕生日が喜ばしい歳でもないけどね(笑)。

 ウミウシ…きれいなのは大好きですよ…僕も。

 ただ、ウミウシを探すのに石をひっくり返したりするのにどうしても抵抗があって、今は、たまたま何かの上を這っているってヤツしか撮らないから、以前と比べるとどうしても撮影数は減ってきちゃいますね。

 ウミウシを探すようなエリアって、見る人が見ればものすごく荒れちゃってるんだって…。

 生命感はどうだろう…
 水中写真を撮る人の多くは、まるでオブジェか何かに対するように撮影しているように見えるよね。相手は生き物なのに…。
 プレッシャーをかけすぎないように素早く撮ってしまうとか、無理なアプローチはしないとか…、結局は生き物に対する気持ちを持って撮るってことが大事なんじゃないかな。

 カメラを構えてから構図に迷うとか、練習していないせいでピント合せに手こずるとか、そんな悪意が無いような事でも、生き物にしてみればツライでしょうから(笑)。
2009/12/24(木) 13:55:54 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
あ!
大事なこと書き忘れてた(・・。)ゞ

お誕生日おめでとうございますー\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/
2009/12/24(木) 12:45:21 | あき | #oely/y8c[ 編集]
ウミウシ好き(^-^*)/
ウミウシ!うれしいヽ(^◇^*)/
ウミウシ大好き!
もっとたくさん見せて欲しいです!

私が撮ると不思議な物体って感じにしか撮れないのに、Matsukawaさんの撮ったのは生命感があります。

この違いはなぜ( ̄ー ̄?).....??
2009/12/24(木) 12:40:21 | あき | #oely/y8c[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.