Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

イロカエルアンコウ / 大瀬崎

FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/1000 iso100




 かわいいイロカエルアンコウの幼魚。今期の大瀬では大発生中で、どこにでも居るという感じ(笑)。

 そして、多いのは、このオレンジバージョン。

 とても小さいので、見たときは「可愛い!」と思うのだけれど、実は被写体としては、けっこう手強くて可愛らしく撮るのは簡単ではない。

 絞りを開けてボカしてとか、そうゆうギミックだけでは、何ともしがたい厳ついお顔なのである(笑)。

 ポーズ・アングル・フレーミング…そして一番大事な表情の変化をベストバランスで狙わねばならない。ほんの数ミリ・数度のカメラの構え方の違いとストロボの配光の仕方だけで、まるで雰囲気が変わってくる。もちろん、フォーカスのためにターゲットライトを強く当てるなんて事をしたら台無しになりかねないし。

 そっと様子を窺いつつ、ここぞというときにシャッターを切る。

 誰しも記念撮影なんかをしたときに変な顔で写ってしまって悲しいことってあるのではないかな。表情を撮るというのは、コンマ何秒のほんの一瞬の勝負になるのだという良い例だと思う。


イロカエルアンコウ / 大瀬崎

FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/1000 iso100


カエルアンコウ科 / Antennariidae
イロカエルアンコウ / Antennarius pictus (Shaw et Nodder, 1794)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/12/21(月) 13:21:17Fish trackback:0 comment:2 イロカエルアンコウ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
> あき さん
 お久しぶり。
 表情は大事ですよね。
 あと、チラッと見てカワイく見間違えることはあるけれど、写真にはきちんと写ってしまいますから。
 シッカリ魅力を見出して、写真に忠実に再現するスキルが必要です。愛情だけじゃあ無理ですヨ(笑)。でも愛情があればスキルを磨けるはずですよね。がんばってください!

 でも写真ですから…。カワイイものはカワイく撮れるし、カワイくないものはカワイくは撮れませんヨ(笑)。
 
2009/12/22(火) 12:19:24 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
かわいいーっヽ(*^ ^*)ノ
おはようございます!

T氏がコメ入れてたから私も(*^-^)

他で見る写真とmatsukawaさんの撮る写真の違いって魚の表情なんですね

ぜったいにかわいいですもん!

やっぱり愛情のなせるわざなんでしょうネ

私もかわいく撮ってもらいたいなあ(*^^*)
2009/12/22(火) 08:52:56 | あき | #oely/y8c[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。