fc2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

キビレスズメダイ(通称) / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100




 最近は、分類畑にはあまり深く入り込まないようにして、ライト感覚なフィッシュウォッチングの楽しみ方をしているのだけれど、それでも、以前に「これはどうゆうことなんだろう?」と追いかけていたヤツを見たりすると、やはりついつい気にして見てしまう。

 キビレスズメダイ(通称)は、何も知らない頃はスズメダイの色違いぐらいに思っていた。しかし、いやいや違うだろうキホシスズメダイじゃないの…という時期があって、その後、どうやら別種らしいということになり、キビレスズメダイと通称で呼んでいたのだが、今はこの辺どうなっているのだろう…。

 ほんとうはこうゆうチョットした違いに興味を持てるとオモシロくなってくるんだけど、同時に、何事にも深入りするとオモシロくなくなってくる人々もいるので、その辺のバランスを考えながら世を渡っていかねばならない…(苦笑)。

 でも、沖縄に行ったときに強く感じたのだけれど、やっぱりスズメダイの仲間はオモシロイ。向こうはとにかく種類が多いし、そのライフスタイルも様々で、実に楽しみ甲斐があるという感じで、その気分のまま帰ってきたんだけど、その辺を伊豆の海でも伝えなければ…と思うと、どのあたりから切り込めばいいのかチョット考えてしまうのだ…(笑)。

 

スズメダイ科 / Pomacentridae
キビレスズメダイ(通称) / Chromis sp.



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/12/11(金) 23:35:30Fish trackback:0 comment:0 キビレスズメダイ(通称) / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.