fc2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

クマノミ / 崎本部(沖縄本島)

FUJIFILM FinePix F30  f5.6 1/90 iso100




 クマノミの幼魚。
 クマノミの仲間の中で、トウアカクマノミに次いで僕が好きなのが、この"クマノミ"だ。

 僕の場合、珍しいかどうかといったことよりも、シンプルに自分が感じる魅力の大きさによって"好き"の度合いが変わってくる。

 伊豆でも見られるクマノミだが、顔つきの可愛らしさという点では、ナンバー1だと思う。

 やはり沖縄でも数が多く、クマノミファミリーの中では最大勢力を持つ種である。ホストのイソギンチャクの種に対する対応性や、個体の体力の強さがその理由なのかな。伊豆でも水温が下がりきらなければ越冬し繁殖行動も行なう。


クマノミ / 恩納村(沖縄本島)

FUJIFILM FinePix F30  f5.6 1/60 iso100


スズメダイ科 / Pomacentridae
クマノミ / Amphiprion clarkii (Bennett, 1830)


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/12/08(火) 19:30:25Fish trackback:0 comment:4 クマノミ / 崎本部(沖縄本島)
コメント
この記事へのコメント
> d&d さん
コメントありがとうございます!

クマノミは大好きな被写体なんでついカメラを向けてしまいます。
沖縄だと伊豆とは棲んでいるイソギンチャクの種類も違うので尚更惹かれてしまいますね。

> クマノミ ジーナス

まあ別に"クマノミの仲間"でもいいし、"クマノミ亜科"でもいいんですけど、固いかな…って…。…で、"クマノミチーム"でも"クマノミ一家"でも"クマノミ軍団"でも構わないって感じであえてやってる軽いニュアンスをご理解してもらえればと…(笑)。
伝わりますよネ。

ここでは Family Pomacentridaeとか、スズメダイファミリーってやっちゃうと、またちょっと変わってきますけど…

まあそのあたりのレベルでってことで。
2009/12/09(水) 12:35:36 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
クマノミ ファミリー
イソギンチャクからちょっぴり顔を出してる
クマノミ、可愛くていいですね~。

ちょっと突っ込んで・・・
クマノミ ファミリー ・・・
というか、クマノミ ジーナス だったり(;´∀`)
2009/12/09(水) 09:31:17 | d&d | #BW6/sfyE[ 編集]
> yuki さん
毎度×2ありがとうございます

これはわりとイイ瞬間を撮れました。
可愛く撮れたんで良かったです。


> クマノミって…グループの1番体の大きい個体のみが性転換していくんでしたっけ?

ほぼ正解と言っていいと思います。
あえて言うなら強い個体でしょうね。
たいてい大きいのが強いんですけど、サイズに大差が無い場合に小柄な方が強いってことはあると思います。

クマノミの場合はでかくて強いのが雌になるんですが、ハナダイの仲間はその逆で強いのが雄になります。…で、ハナダイのグループを見ていると、オスになった個体が、他の強そうな雌が雄にならないように威圧するような行動が見られます。強い子孫を残すための理に適った行動だと思うんですが、クマノミの場合も同じようなことがあるんじゃないかなあ。
2009/12/09(水) 01:08:47 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
毎度×2コメントすみません。

くるまれてるのかわいぃですね
クマノミって…グループの1番体の大きい個体のみが性転換していくんでしたっけ?
うっかり同時に2個体性転換って事は無いのかな?と不思議に思った記憶が‥
クリクリ大きい目が愛らしいですね。(^^)
2009/12/09(水) 00:15:15 | yuki | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.