FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ハダカハオコゼ / 崎本部(沖縄本島)

FUJIFILM FinePix F30  f6.4 1/60 iso100




 久々の崎本部。秋冬に沖縄を訪れることが多かった僕にとっては心強いポイントである。エリアは広大で泳力があればかなりバラエティに富んだ楽しみ方が出来るし、移動を少なくしてノンビリと楽しむのにも向いている。水深が浅く白砂が広がる明るい海底は、多くのダイバーがイメージする南の海のワンシーンの一つだろう。

 この時は、風で西海岸のポイントがキツイ状況だったので崎本部まで出かけてきた。

 とりあえずは"懐かしみモード"で以前によく潜ったあたりをノンビリと散策していたら、白くてきれいなハダカハオコゼがユラユラ揺れているのが目に入った。マンガチックな顔が可愛らしくて好きな魚だ。


ハダカハオコゼ / 崎本部(沖縄本島)

OLYMPUS SP-350 f5.6 1/80 iso50


フサカサゴ科 / Scorpaenidae
ハダカハオコゼ / Taenianotus triacanthus (Lacepede, 1802)


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/12/08(火) 18:46:03Fish trackback:0 comment:2 ハダカハオコゼ / 崎本部(沖縄本島)
コメント
この記事へのコメント
> yuki さん
毎度ありがとうございます。

どんなふうに撮ったら良いんでしょうね…。
良いポジションに居るときに居合わせて、良い瞬間を待つしかないと思うんですけど、根気が無い僕にはなかなか…(苦笑)。

今回は3回もコイツを見に行ったんですが、なかなかイイ瞬間には巡り合えませんね。

上画像のクローズアップを撮った時にワイコンが装着してあって、下画像のポジションで構えていて、なおかつ上方の小魚たちがイイ感じにポジショニングしてくれていたら完璧でした(笑)。
2009/12/09(水) 00:56:59 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
<(゜O゜)>きれ~ぃ
白い子綺麗ですねッ!!
タイトルだけで期待度大ッ
薄っぺらぃこの子はどんな風に撮ったらいぃんだろう?と思ってました。
出逢ったのは過去1回。リベンジするにもイメージが沸かず…
目の綺麗さとかヒレの透明感とか…ん~…目一杯寄って…とか考えてたんですが
背景入れると映えますね
2009/12/08(火) 23:57:18 | yuki | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.