Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

オオモンカエルアンコウ / 井田

OLYMPUS SP-350 f5.6 1/60 iso50




 オオモンカエルアンコウの幼魚。

 井田DCのたけし氏に教えてもらった。

 教えてもらう1時間前にチェックした場所なのに…。見落としていたようだ…(苦笑)。

 見方が甘いなあ…。 


カエルアンコウ科 / Antennariidae
オオモンカエルアンコウ / Antennarius commersoni (Latreille,1804)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/11/30(月) 08:00:00Fish trackback:0 comment:4 オオモンカエルアンコウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> yuki さん
オオモンとイロの見分け方…
簡単な場合は簡単、難しい場合は難しい…。
個体によって違いますね。
いちばん大切なのは、たくさんの個体を見て、その成長過程を追うことだと思ってます。

ちなみに、僕は大きいのも小さいのも好きです。

体色のバリエーションは無数と言っていいぐらい様々で、成長過程でも、まるで別個体かと思うぐらい、どんどん変化していきます。
2009/12/07(月) 00:19:21 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
すみません。以前見分け方を教わったのですが…未だ特徴を覚えられず‥
好きな生物くらいは詳しくならないとダメですね。
カエルアンコウは本当好きで何だか癒されます(^^)
オオモンは30センチオーバーな個体より幼魚が好きです
井田ではベニ頻度が高い気がします。
薄オレンジがオオモン幼魚のイメージですが色んな体色があるんですよね?きっと。
小さいうちに会いに行かないとッ!!
2009/11/30(月) 23:24:31 | yuki | #-[ 編集]
> yuki さん
ご指摘ありがとうございます!

オオモンです!

イロではないです!

訂正しておきます!
2009/11/30(月) 22:19:11 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
毎日更新されてて楽しいデス(*^^*)
しかもカエルアンコウ。
…イロ?オオモン??(笑)
2009/11/30(月) 18:33:57 | yuki | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。