FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ヤミテンジクダイ / 井田

OLYMPUS C-740 f5.6 1/250 iso100






 コイツは撮りづらかったなあ…。

 一眼レフなら100mmクラスのレンズで離れたところから狙ってストロボをドン!と焚けばOKって感じなんだけど、コンパクト機の場合、クローズアップするには寄らなきゃならないし、岩陰で暗いからAFが迷う迷う…。だからと言って明かりを照らすと逃げるし…。

 でもこっちを向いてくれることもある分、ハリダシエビスよりは撮りやすいかな。

 あ…あとコイツが撮りづらかった原因がもう一つある。同じ岩陰の奥に大きなクロアナゴが居て、そいつがせっせと穴掘りをするんだけど、そのときに奥の方から思いっきり砂を噴射するんで、この岩の隙間の中が何も見えなくなってしまうのだった。

 …で、鰭全開まで撮りきれなくても、これで良しとしよう…ということにした(苦笑)。

 まあ、砂煙はどうしようもないけど、こうゆう撮りづらいヤツを撮るときは10倍ズーム機が重宝する。ワーキングディスタンスが全然違うからね。


ヤミテンジクダイ / 井田

OLYMPUS C-740 f5.6 1/250 iso100


ヤミテンジクダイ / 井田

OLYMPUS C-740 f5.6 1/250 iso100


テンジクダイ科 / Apogonidae
ヤミテンジクダイ / Apogon semiornatus (Peters,1876)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/11/26(木) 23:02:47Fish trackback:0 comment:0 ヤミテンジクダイ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.