FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

アカスジカクレエビ / 井田

OLYMPUS C-755 f5.0 1/250 iso50




 久々にC-755で撮ってみた。

 画質的には不利な小サイズ撮像素子ではあるのだけれど、この被写界深度の深い画像にシャープをかけた時のカリカリ感は、やはり捨てがたい。KMとかPKMを思い出すなあ…なんて言ってしまうとチョット失礼かな。

 …にしても、今日も、いつもの悪い癖が出て、同じ被写体ばかり撮っている。アカスジカクレエビにハマッてしまっているのだ。場所によっては何百匹という感じで群れていて、どう撮ってやろうか?…といろいろ試行錯誤しているのだが、それはまだ上手くいっていない…。なので、単体で、透き通ったクリスタル感を狙って撮っているのだが、なかなかイイ感じである。

 問題は極端に長い鋏脚をどうフレーミングするかで、なかなかムズカシイ。率直に言って、上画像なんかは、どこに鋏脚があるかすらハッキリ見えないような感じなので、気にすることは無いのかもしれないけど、やはりエビの全身像を撮っているのに鋏脚が写っていないというのはチョット片手落ちかなという気がするのであった。


アカスジカクレエビ / 井田

OLYMPUS C-755 f5.0 1/250 iso50


テナガエビ科 / Palaemonidae
アカスジカクレエビ / Periclimenes psamathe


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/11/04(水) 00:16:49Crab / Shrimp trackback:0 comment:0 アカスジカクレエビ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.