Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

クロホシイシモチ / 井田

OLYMPUS SP-350 f3.5 1/800 iso50




 井田DCのてつ!氏が沖縄に行くことになった。井田に続いて沖縄でダイビングサービスを展開していくという。どこまでも前向きに突き進むてつ!氏らしい。

 てつ!氏は、今さら言うまでも無いが、これまで知る人ぞ知るという感じだった井田の海の魅力を伝え、多くのダイバーが訪れ注目するような海にしたパイオニアの1人である。


 僕は、レジャーダイビングの仕事を始めた頃、今日はIOP…明日は大瀬…明後日は神子元…その次は井田……という感じで伊豆半島全域を潜ってまわっていた。そして、大瀬に腰を据えて潜ることになり、その後、本格的に井田で潜り始めたのが2006年…ほんの5年前である。

 てつ!氏とは、今では、男2人で焼肉を食いながら、とことん海の話が出来るような付き合いをさせてもらっているのだが、当初はどうだっただろう?…僕が感じた印象では、ほとんど相手にされていなかったように思う(笑)。「なんだか最近見かけるけど誰だあいつは…」なんて思われていたかもしれない。あるいは、それどころか視界にも入っていなかったかもしれない。

 …とはいえ、僕は井田に関しては間違いなく新参者だったし、実はお互いけっこう人見知りする性格だったりして、海辺で顔を合わせれば挨拶する…だけ、というような時期が続いたように記憶している。タケシ氏やゆうすけ氏やあや嬢はいつもニコニコと接してくれて、井田での居心地を良くしてくれていたんだけど…。

 ところが、ある日、いつものように防波堤から海を眺めながら一服していた僕にてつ!氏が話しかけてきた。このサイトの写真を見たとか、コンデジでの撮影の仕方とか、そんな話だったかな…。その時の、ややギクシャクした違和感のあるムードをよく覚えている(笑)。でも、そのころから、顔を合わせると話しをするようになったかな…。…で、その後、先に書いた焼肉を食いながら飽きもせずにエンドレスで海の話ばかりをするという焼肉会を時間さえ取れれば開催し、面白く有意義な時間を過ごさせてもらったのだが、知れば知るほどナイスガイであった。

 てつ!氏は、ややもすると、その物言いや立ち振る舞いが、誤解を受けそうなところもあるのだが、そこが自分の感覚と妙に重なってしまう。例えば、場合によっては、鼻持ならないヤツ…と見られることもあるだろう。でも、それは、自分が真剣に取り組んでいることに対しては、あくまでも真剣だということが、そういった形で現れているだけに過ぎない。調子ばかり良くて中身が薄っぺらかったり、かけひきと計算で一見スマートに立ち回っているような輩より、男の立ち振る舞いとしてはずっといいと思う。僕ぐらいの世代の男としては、実際に実力を持っていてのふてぶてしさというのは、モダンではないかもしれないけれども、男がそれぐらいじゃなくてどうする!…そうなるぐらい物事に取り組んでみろ!…という思いも強い。

 まあ、お互い大人だし、生業が「客商売」と言ってしまえば、それも確かなところで、適度に笑顔で爽やかにというポーズは外せないのだけれども(笑)、信念を持ってやっていることは貫き通したいものだと思う。


 縁あって僕が井田で潜り始め、そこでてつ!氏と出会えたことは、おそらく、僕のダイビング人生の中に確実に刻み込まれる大きな出来事であり、それだけに、てつ!氏の新しい挑戦を心から応援したい。てつ!氏の尽きることの無い向上心と行動力、そして、持って生まれた才能を持ってすれば、きっと、今までに無い最高のものを作り上げてくれるだろう。



テンジクダイ科 / Apogonidae
クロホシイシモチ / Apogon notatus (Houttuyn, 1782)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/10/04(日) 00:55:10Fish trackback:0 comment:2 クロホシイシモチ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> てつ!さん
どうもです。

僕も、感謝してます!
ここ数年は、久しぶりに、充実感のある楽しさを味わうことが出来ました。
もちろん海はいつでも楽しいんですけど、一味も二味も違う楽しさでしたよ。
もしかしたら、これだけの充実感は、「久しぶり」ではなく、「初めて」だったかもしれません。

きっと焼肉会のおかげだと思ってます(笑)。

沖縄行きますよ!

でも、その前に、焼肉会ですから。

2009/10/12(月) 22:50:48 | matsukawa | #-[ 編集]
嬉しすぎ!涙
文そのものの印象ですね!笑

ここ数年、井田の海により熱くなれた事に感謝しています。 11月3日まできっちりと潜り込み沖縄で再挑戦です。

フィールドは変わってしまいますが、松川さんに刺激を与えられるような存在でありたいと頑張ります。
2009/10/12(月) 21:09:30 | てつ! | #VY8COxxY[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。