Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ベニカエルアンコウ / 井田

OLYMPUS SP-350 f5.6 1/100 iso50

ベニカエルアンコウ / 井田

OLYMPUS SP-350 f6.4 1/40 iso50





 結構前から隣の大瀬では、1本潜っただけでも、かなり多くのベニカエルアンコウを見ることが出来ていたので、ならば当然井田でも見れるだろう…と高を括っていたら、なかなか見つからなくて、でも、それでも、今にその辺でポコポコ現れるだろう…と余裕でいたら、やっぱり現れなくて…、ちょっと真剣モードになって探してしまった。

 結果、この週末で5個体確認。まずまずの成果は得られたものの、ベニカエルアンコウは、井田ではデフォルトで見られるものだと思っていただけに、いつもと違う展開にチョット戸惑っている。

 ちなみに、5個体のうち、ネタとして使えそうな気配がある(その場所に落ち着いて居そう)のは、上にUPした画像の2個体のみで、あとの3個体は岩の隙間とかトゲトサカの中とか、絶対に次回はそこには居ないだろうなあ…という感じ。カエルアンコウ愛好家としては、やはり、もうちょっとシッカリと探しておかなきゃならないだろう。

 そうやって探していれば、オオモン・クマドリ・イロ…なんて南方系のカエルアンコウの子供たちが見つかるかもしれないしね。


ベニカエルアンコウ / 井田

OLYMPUS SP-350 f5.6 1/30 iso50


カエルアンコウ科 / Antennariidae
ベニカエルアンコウ / Antennarius nummifer (Cuvier,1817)


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/09/27(日) 21:09:46Fish trackback:0 comment:2 ベニカエルアンコウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> YUKIさん
コメントありがとうございます。

> なかなか見られない井田で見る事が楽しかったりします(^^)

今期は、何故か、ちょっと目立ちません。

でも、本来、井田は、とてもカンタンにたくさんのベニカエルアンコウを見られる所なので、シッカリ探せば見つかりますヨ!


> マイカエルを狙っているのですがなかなか自力では見つけられず…

やっぱり、自分で見つけると一味違いますね。
ベニカエルアンコウの場合は、目に入るザラカイメンを全部チェックしていけば、高確率で見れますよ。
がんばって素敵なヤツを見つけてください!

2009/09/28(月) 01:33:23 | matsukawa | #-[ 編集]
私もカエルアンコウ大好きデス
なかなか見られない井田で見る事が楽しかったりします(^^)
マイカエルを狙っているのですがなかなか自力では見つけられず…
ガイドさんがネタを用意してくれているとそれはそれで嬉しいですね

2009/09/27(日) 22:40:58 | YUKI | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。