Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

スズメダイ / 大瀬崎

OLYMPUS SP-350 f4.5 1/800 iso50




 大瀬の海の魅力の一つに、”水深の深さ”がある。

 僕も以前と違って、60mだ70mだ…という水深には、まず足を運ばなくなった。潜るときの最大水深は、できるだけ25m前後辺りまでで抑えるように心がけている。それでも、例えば25mの水深に潜るとしても、そのエリアのボトムが80mなのか30mなのかでは、海のムードは大きく変わってくる。

 誤解を招くといけないので念を押しておくが、これは、どちらの方が絶対にイイ…ということではない。それぞれに違う魅力があるということだ。

 そのことを踏まえて、あえて書くならば、やはり”深さ”には神秘感を感じるし、冒険心や好奇心をくすぐる何かがあるのは間違いないだろう。

 スズメダイといえば、明るい水深で群れているイメージが強いのだが、行動エリアはかなり広いようで、岬の先端では、けっこう深いエリアでも大群に出くわすことが多い。そんな深場感を出すために、露出を切り詰めて撮ってみた。でも、こうゆうのを撮るなら、やっぱり銀塩フィルムの方がイイな…と思ったりもするのであった。


スズメダイ科 / Pomacentridae
スズメダイ / Chromis notatus notatus (Temminck et Schlegel, 1844)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/09/01(火) 22:59:52Fish trackback:0 comment:5 スズメダイ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
・・・おもしろい、  プッ!

おもわず笑った、

  そのとおりです。
2009/09/04(金) 23:01:11 | らいとまん   | #-[ 編集]
> らいとまん さん
うれしいコメントです。
ありがとうございます。

では、らいとまんさんは奥様をモデルに、ぜひ!…

…と思ったけど、海底専でしたっけ(笑)。
2009/09/04(金) 21:23:52 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
もし、この写真のダイバーがおいらだったら、メディアをお借りして大きく引き伸ばしてうちに飾って自慢したい、そんな一枚です。
2009/09/03(木) 23:09:45 | らいとまん   | #-[ 編集]
> らいとまん さん
コメントありがとうございます。

モデルが格好良かったからかなぁ…。

何気なく撮ったゲストの方のスナップです。

このシチュエーションで、コンパクト機/ワイコン/ノーストロボとなると、このアプローチだろう…ということになるのですが、本当は一眼レフ機が欲しいんですよ…。海底の斜面に少しストロボを当てたいですし…(笑)。
2009/09/02(水) 22:09:07 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
あまり安易に使いたくない言葉だけど・・
「最高です!」
ためいき、ホントすばらしい。
2009/09/01(火) 23:43:39 | らいとまん   | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。