FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

クロウミウマ / 井田

OLYMPUS SP-350 f5.6 1/60 iso50





 ずいぶん長いこと居てくれているクロウミウマと思われる若魚。
 小さくてまっ黒で一見しただけだとゴミのようにしか見えないのだけれど、よく見てみると円らな瞳が可愛らしかったりする。擬態に自信があるのか、雑な寄り方さえしなければ、この手の仲間としては撮りやすい。ただし、どこに居てくれるかで、ほとんど勝負は決まってしまうので、何度も何度も足を運んで、良い状況のときに撮影するというのが、良いショットをものにする唯一の方法だろう。

 なぜ、現役ネタではあるものの、少々熱が冷めた感もあるこのコの画像をUPしたのかというと、今日は、また、素敵なタツの仲間に出会うことが出来たからである。そちらをUPする前にUPしておかないと…というわけだ。

 ちなみに、そのときは、ゲスト2人を連れて、何か居ないかなぁ…と、海底を見ながら泳いでいたのだが、ふと顔を上げると、井田DCのゆうすけ君がガイド中のグループがすぐ目の前に居たのであった。…で、仕事中のガイドさんからは出来るだけ離れて近づかないようにするというのが粋なダイバーのマナーなので、さりげなく視線をそらしコースをずらそうとしたまさにその瞬間、ゆうすけ君が「イバラタツだ!」と書いたスレートを、僕の方にビシッと見せたのである。いや…、実際は、連れているゲストの方たちに見せたのだと思う。だけど、本当にたまたま、本当に偶然にその正面に僕が居てしまったという感じ(笑)。
 言うなれば、『ごっつぁんです状態』である。ゆうすけ君ありがとう!井田DCの面々には、いつもフレッシュなネタを教えてもらってばかりで、たまには恩返しをしないとバチがあたるかな…。


ヨウジウオ科 / Syngnathidae
クロウミウマ / Hippocampus kuda (Bleeker,1852)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/08/09(日) 21:59:56Fish trackback:0 comment:0 クロウミウマ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.