Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

シビレエイ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f3.6 1/4 iso100




 シビレエイを見るたびに、シビれてみたいという危険な誘惑にかられてしまう(笑)。

 以前、ウチに『シビレエイを大学での研究の対象にしていた』という水産大学出身の方が潜りに来ていて、シビレエイを採集するときに実際にシビレた体験談を聞かせてもらったことがある。

 パチッという感じではなく、バシッとくるらしい…。耐えられない痛みというわけではないが、望んで味わいたいとは絶対に思わない…ということであった。たしかに電気系の衝撃というのはチョットいやな感じがある。冬場の静電気だって遠慮したいものだしね。

 でも、もしも、撮影もせずに、このエイを眺めている挙動不審の男が居たら、シビれてみたいかなぁ…と迷っている僕かもしれない。

 ちなみに、決して変な趣味があるのではなく、ちょっと好奇心旺盛なだけということで…。


シビレエイ科 / Torpedinidae
シビレエイ / Narke japonica (Temminck et Schlegel, 1850)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/08/05(水) 23:12:35Fish trackback:0 comment:0 シビレエイ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。