FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ホシギンポ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5 1/500 iso100




 イソギンポの仲間は、どの種もとても可愛らしいので、みんな大好きなのだが、自分の中に周期があって、贔屓の種は、その時によって変わってくるようだ。やはり、その時に、派手に何かをしてくれていると、その種に視線を注いでしまうというのが人情であろう。

 …で、今、旬なのは、やはりホシギンポということになる。この時期、井田DCのてつ!氏と顔をあわせると、「卵を産んだ!」「卵が無くなった!」「なんかやってる!」…と、お互いに見た状況の情報交換を繰り返しているのだが、状況の変化は実にダイナミックで、聞いた(話した)情報も、半日過ぎれば旧情報になってしまうこともあるぐらい…(苦笑)。

 この時は卵と卵を守るホシギンポを一緒に画面に収めたかったのだが、状況的にチョット無理で、諦めることに…。時間は僅かしかなかったので、僕のルーティンワークである、フィッシュポートレート撮影に専念することにした。他のヒトと同じ構図で同じ露出で撮っていても、最高の表情は自分が撮りたいというのが、目下の最大の目標なのだ。

 ホシギンポは、やや地味目なのだが、他のイソギンポの仲間と比べても、ひときわほのぼのとしたムードが魅力で、その顔をジッと見ているだけで、こちらも思わず微笑んでしまう。上画像のホシギンポは、顔がまっ黒で、実はチョット緊張しているようなのだが、それでもどこかノンビリしているように見えてしまうところが、たまらなくカワイイのであった。


ホシギンポ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5 1/500 iso100

卵でビッシリの巣穴


ホシギンポ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5 1/500 iso100

表情的にはこの一枚なのだが、画としての詰めが今ひとつ…



イソギンポ科 / Blenniidae
ホシギンポ / Entomacrodus stellifer stellifer (Jordan et Snyder, 1902)






Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/08/04(火) 23:51:10Fish trackback:0 comment:0 ホシギンポ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.