Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

05-03-27-MoriUmi.jpg
屋久島海案内 森と海 Field note / Harazaki Shigeru
http://sea.mori-umi.net/


 いちばん面白いWEBサイトはどこか?…と訊かれたら、今ならココを紹介すると思います。屋久島で活躍しているダイビングサービス"森と海"のしげるさんのWEBサイトです。僕も一時期、日々の海の記録や生き物たちの生態を事細かに綴ろう思っていたのですが、ここを見て諦めました。ハッキリ言って、僕にはムリです(苦笑)。…と言うわけで、ウチはお気楽に気分で綴るWEBサイトになったのでした。
 ここを見ていると、日々の屋久島の海の中の様子が目の前に広がってくるような気にさせられます。また、鋭い観察眼でとらえられた記録は、その内容の濃さと圧倒的なボリュームでフィッシュウォッチングの醍醐味を伝えてくれます。
 そして、フィッシュウォッチングがメインのサイト故か、ご本人はあまり語られていないのですが、ハッキリ言って、写真の腕はかなりのスゴ腕です。生態の記録として素晴らしいだけではなく、被写体に対する愛情が溢れ出てくるようなしげるさんの写真が、僕は大好きです。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/05/08(日) 00:25:14link trackback:0 comment:3 屋久島海案内 +++ Field note
コメント
この記事へのコメント
あっ!
> アクアスペースのURLはhttp://homepage1.nifty.com/aquaspace/index-01.htmの方が…

あっ!!申し訳ないです!!
早速、直しておきました。。。m(_ _)m

これからもよろしくです!
2005/05/16(月) 23:39:03 | しげる@屋久島 | #7bBJltH2[ 編集]
Re.
 しげるさん、こんにちは。
 
 森と海のField Noteは、屋久島というフィールドをしげるさんのオリジナルな視点で見つめ、それを素晴らしい写真と文章で紹介するという、ホント、ある意味、理想的なWEBサイトだなぁ…と思って、いつも見ています。

 個人的には普通種中心、ぜんぜんOKです。…と言うよりも、普通種こそ、その海の姿を伝えてくれるものだと思ってます。屋久島のように、既存のメディアでの情報が少ない海の場合はなおさらですね。
 僕は長いこと大瀬ですんで、どうしても、いわゆる人気ネタ系に向いてしまいがちでした。おそらく、僕のサイトをネタ情報として見ていた方もいるでしょう。まあ、それ(ネタ)が大瀬の魅力だと感じてくれるのであれば、それはそれでも構わないのですが、それだけじゃあ寂しいですよね。

 ただ、普通種もいわゆる稀種も、同じ生き物ですし、こだわりを持つ必要も無いだろうと思ってます。しげるさんのとこに載ってたピグミーシーホースなんかも、とても興味深かったです。

 これからも楽しみにしてます。

追伸:リンクありがとうございます。
   アクアスペースのURLはhttp://homepage1.nifty.com/aquaspace/index-01.htmの方が…
2005/05/16(月) 00:02:01 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
お恥ずかしい。。。
松川さん、僕のField Noteを紹介して頂き、ありがとうございます!
ここまで褒められると、もう手が抜けませんね。。。(^_^ゞ
しかも、松川さんのような写真の上手い方にそのような事を言われると、メチャクチャ恥ずかしいのですが。。。

最近、この普通種中心のLOGがお店の営業的には、かなりマイナスなのでは。。。?と真面目に悩んでいたのですが、おかげ様でまたやる気が湧いてきました!
これからも頑張りま~す♪\(^○^)/

追伸:
松川さんのサイトへもリンクをはらせて頂きました。
→http://mori-umi.net/link/archives/cat_aie.html
→http://mori-umi.net/link/archives/cat_aooshopiueeeue.html
2005/05/15(日) 00:16:22 | しげる@屋久島 | #7bBJltH2[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。