FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

サクラダイ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/60 iso100




 パソコンの調子が悪いので更新が滞ってしまっている。…で、不本意ながら、古い画像でお茶を濁しておこうかと…。これは先月末(5月30日)に撮影したサクラダイの雌なのだが、もうはるか昔の画像という感じかな…(苦笑)。

 コンパクト機でも、この程度なら簡単に撮れる。このときは、ポリプ全開の綺麗なヤギを背景に撮れるかな…と思ったので、カメラを構えてみたのだが、この、「いつでもヤギの裏側に逃げ込めるぞ」…というポジションが、コイツの静止ポジションだったので、ちょっと中途半端なフレーミングながら、ここで撮ってしまうことに…。でもまあ、深追いしないのがこうゆう撮影の鉄則でもあるし、良しとしようという感じ。被写体が『逃げモード』に入ってしまうと、動きに落ち着きが無くなり、かえって撮りづらくなるし、なによりも、しつこく追い回して怖がらせすぎたら魚が可哀想だと思う。見つけたら、ちょっと離れた場所から最良のポジションを探して、撮るときはササッと撮ってしまうというのが基本かな。


ハタ科 / Serranidae
サクラダイ / Sacura margaritacea (Hilgendorf, 1879)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/06/21(日) 22:11:48Fish trackback:0 comment:0 サクラダイ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.